先輩起業家たちに聞く、起業の原点 -Vol.1 KAIZEN Platform Inc. 須藤憲司【現代ビジネスコラボ企画】

この授業は、実際に起業し、さまざまな業界・分野で第一線を行く先輩起業家たちの「起業の原点」を紐解く『現代ビジネス』とのコラボシリーズです。起業したいけど悩んでいる…そんな方々が前を向いて独立・起業への第一歩を踏み出すためのヒントが、散りばめられています。

先輩起業家たちに聞く、起業の原点 -Vol.1 KAIZEN Platform Inc. 須藤憲司【現代ビジネスコラボ企画】
2014年7月24日公開
01:00:00
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 03:48
  • 公開インタビュー:起業の原点「なぜ、起業しようと思ったのか」
  • 09:25
  • 公開インタビュー:起業のリスク「どんな不安や葛藤、失敗があったのか」
  • 05:37
  • 公開インタビュー:起業の原動力「自分を動かすもの、支えるものとは」
  • 17:25
  • 公開インタビュー:これからの挑戦「事業を通じて成し遂げたいこと」
  • 03:18
  • Q:LLCでなくてINC.で取ろうと思ったのは何故ですか?
  • 01:45
  • Q:創業前に会議で時間を取られていたとの事ですが、今は何に一番時間を使っていますか?
  • 02:50
  • Q:須藤先生は会社において、どこまで手を出すのでしょうか?
  • 01:03
  • Q:須藤さんが経営者として尊敬する人や会社はありますか?もしくは、経営者・会社として目指すべき理想像はありますか?
  • 01:08
  • Q:事業内容も組織作りからもリクルート色を全然感じないのですが、それはリクルートを反面教師にしてるからですか?
  • 01:15
  • Q:最近いろんな先輩経営者の方に伺っているのですが、「経営者の仕事」ってなんだと考えていますか?
  • 01:25
  • Q:異業種分野での起業で当然知識も薄く、仲間を作る手段も分りません。自分の立場でもどうやって現実に起業出来るか教えて下さい。
  • 01:45
  • Q:起業できる人間は今まで頭のいい人間だと思っていましたが、先生の話を聞くと、助けが入る「魅力的な人間」であることかなってかんじましたが、振り返ってみてご自身でどう思われますか?
  • 01:56
  • Q:自分がこれやりたい!と考えたビジネスプランが、ものすごくニッチなものだったとしたら、先生ならどう動かしますか?もしくは、動かさないですか?
  • 01:39
  • Q:起業は世間が求めているニーズか、自分がやりたいものか、どちらを優先するべきでしょうか。
  • 01:11
  • Q:起業する!と決めて、まず何から動き出すのが大事ですか?
  • 01:56
  • レポート課題発表
開く
先輩起業家たちに聞く、起業の原点〜Vol.3 - nanapi 古川健介(けんすう)【現代ビジネスコラボ】
2014年10月20日公開
01:00:00
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 02:18
  • 公開インタビュー「今:なぜ、nanapiを売却したのか」
  • 07:41
  • 公開インタビュー「原点:なぜ、起業しようと思ったのか」
  • 07:49
  • 公開インタビュー「これまで:どんな挑戦と失敗、葛藤があったのか」
  • 02:40
  • Q:2015年でもいいし、10年後でもいいんですけど、人の寂しいを埋めるサービスってどうなってますかね?
  • 03:24
  • 「お金も大事だけど、世界平和のほうが重要だなと思ってやっています」について
  • 02:10
  • Q:ウエアラブルデバイスがこちょこちょ登場してきていますが、インターネットを介したコミュニケーションのあり方は変わりますか?変わるとしたら、どんなふうに変わりますか?
  • 03:59
  • Q:コミュニティに関して常連がいつかないように工夫すると以前キクシルなどで見ましたが、ナナピで実際に行っている施策はありますか?
  • 01:37
  • Q:Yahoo!への売却は検討されなかったんですか?
  • 01:28
  • Q:今回ってなんで100%売却にしなかったんですか?
  • 02:02
  • Q:KDDI傘下でこれからはナナピを拡大させて行くのでしょうか?やりづらさなど障壁が出てくる可能性などは想定されてますでしょうか?
  • 01:10
  • Q:最近けんすうさんが超注目してるベンチャーやサービスはありますか?(゜゜)
  • 03:15
  • Q:スマートフォンの普及の次のインターネットの大きなトレンドはなんですか?
  • 01:57
  • Q:そのTシャツはどこで買ったんですか?
  • 01:11
  • Q:これからインターネットとどういう距離感を持つのが理想だと思われますか?
  • 02:03
  • Q:どんな人と仕事するとワクワクしますか?
  • 01:25
  • Q:ユーザーの情報の取得行動が検索エンジンからアプリやSNSのタイムラインに移っていると思うのですが、その先のユーザーの行動はどう変わっていくと思われますか?
  • 01:36
  • Q:けんすうさんは非常に考え方が斬新な印象があります。そのルーツとなったエピソードや本、人などはいますか?
  • 01:49
  • Q:けんすうさん、ほんとうにいい人なんですか?
  • 00:47
  • Q:ナナピもスクーもイケてるサービスですが、マネタイズに関してはお二人の出身であるリクルートの方が上手いと思います。マネタイズについてリクルートから学べるポイントは何でしょうか?
  • 02:09
  • Q:これから求められるスキルってなんだと思いますか。
  • 02:09
  • Q:キュレーションメディアの立上げの場合、キュレーターをいかに集められるか?というのが1つ問題になるとおもうのですが、そこは一体どうやってクリアされたのでしょうか?
  • 00:54
  • Q:インターネットはネガティブな内容ほど電波しやすいと思っています。性善説を意識してサービスを作られているけんすうさんは、コミュニティ自体への批判、コミュニティ内部での誹謗中傷は炎上などに対して、対応はケアする方針などはありますか?
  • 00:32
  • Q:仕事を作っていく立場で大切にしていること教えていただきたいです。
  • 00:50
  • Q:けんすうさんのブログや今お話されていても思うのですが、一種の「ゆるさ」や「安定感」のようなものをいつも感じます。その原点のようなものは何ですか?
  • 01:13
  • Q:けんすうさんがもし「今、改めて起業する」となった場合に、興味がある領域や分野などありますか?
  • 01:06
  • まとめ
開く
UIデザイナー・深津貴之(fladdict)氏がTHE GUILDを立ち上げて実現したいこととは?【現代ビジネス・起業の原点】
2014年12月2日公開
01:00:00
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 01:17
  • 深津貴之先生の手がけられた作品
  • 12:19
  • 深津貴之先生について
  • 06:46
  • なぜTHE GUILDを立ち上げたのか?
  • 03:05
  • THE GUILDとは?
  • 09:55
  • THE GUILDで実現したいこと
  • 02:59
  • Q:メンバーのうち、どの位のリモートで参加しているのでしょうか。
  • 02:13
  • Q:オススメの本とかあったら、教えて下さい!
  • 02:33
  • Q:メンバー間の情報共有はどうされていますか?
  • 00:48
  • Q:最近は新勢力でメイカーズが出てきていますが、THE GUILDの中にプロダクトのデザインのチームを作る予定はありますか?
  • 01:20
  • Q:深津先生がお仕事を選ぶ基準があれば教えて頂きたいです。
  • 01:51
  • Q:UIデザインをする時に、何かポリシーはありますか?
  • 01:16
  • Q:iOSとAndroidはどちらが好きですか?
  • 00:33
  • Q:メンバーの育成にも注力したい、あるいはしようと思っているのでしょうか?
  • 03:02
  • Q:ビジネスで一番大事だと思うことは何ですか?
  • 01:04
  • Q:最近、一番好きなアプリは何ですか?
  • 00:21
  • Q:これはいい!というUIをしているアプリとその理由を教えて下さい!
  • 00:59
  • Q:UiデザインとUXデザインの使い分けを教えて下さい!
  • 00:29
  • Q:写真を撮る上で大事な心構えみたいなものがありましたら、教えて下さい!
  • 00:42
  • Q:クライアントワークとは異なる個人でやりたいことのアイディアはどういう時にでるのでしょうか?
  • 01:55
  • Q:最近注目している「人」って誰ですか?
  • 00:22
  • Q:大成功の秘策は何ですか?アイデアですか?人材ですか?
開く
スライド資料
担当の先生
受講生代表
  • 鈴木 顕照

    鈴木 顕照

    スクー放送部

  • 鈴木 満里乃

    鈴木 満里乃

    スクー放送部

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

受けたいランキング
新着の生放送授業
関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×