chevron_left ブルーボトルコーヒーのブランド戦略

ブルーボトルコーヒーのブランド戦略

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 29

授業の概要

この授業では、会社やサービスのブランドを創りたいと考えている経営者・事業責任者、マーケターや広報担当者を対象に、ブルーボトルコーヒーが日本進出にあたり実践したブランド戦略について、実際に行った取り組みを交えながらお話します。

この授業を通じて、以下のことを学べます。
1. ブランドとは何か
2. ブランドを創るためにするべきこと
3. 逆にブランドを創るためにしてはいけないこと

【アジェンダ】
・ブルーボトル紹介
・ブランド戦略
 ーブランドを創るために実施していること、したこと
 ーブランドを創るためにしていないこと、しなかったこと
・ブランドを体験できるイベントの案内

こんな人にオススメ

ブランドを創りたいと考えている経営者・事業責任者、マーケター・広報担当

チャプター

play_arrow
オープニング
02:37
play_arrow
自己紹介
01:08
play_arrow
質問:BLUE BOTTLE COFFEEをご存知ですか?
02:33
play_arrow
BLUE BOTTLE COFFEEとは
10:53
play_arrow
ブランドをつくるために大事にしていること
00:43
play_arrow
こだわりにこだわる
02:14
play_arrow
こだわりにこだわる:SEED TO CUP
04:03
play_arrow
質問:品質を守るために取り組んでいることはなんでしょう?
03:29
play_arrow
こだわりにこだわる:品質管理
03:50
play_arrow
質問:新店舗デザイン時、BLUE BOTTLE COFFEEであえてやらなかったことは?
02:40
play_arrow
こだわりにこだわる:店舗デザイン
04:36
play_arrow
変えない勇気
01:22
play_arrow
変えない勇気:焙煎
02:07
play_arrow
質問:ドリップコーヒーの量が多いのはなぜでしょうか
02:34
play_arrow
変えない勇気:量
01:49
play_arrow
変えない勇気:温度
02:38
play_arrow
最後に:ブームでなく文化に
00:49
play_arrow
Q:ブルーボトルコーヒーという名前になった由来をお聞きしたいです!
00:47
play_arrow
Q:次に出店される予定の新宿店、六本木店、それぞれに出店を決めた背景と、各店舗のコンセプトが非常に気になります。
01:13
play_arrow
Q:ブルーボトルコーヒーで働くにあたり大切にしていることを教えていただければ幸いです。
01:02
play_arrow
Q:アメリカと日本では気候が違います(日本の夏は高温多湿など)が、豆の品質管理や焙煎方法もアメリカとは異なるのでしょうか。
00:54
play_arrow
Q:ブランド作りにおいて、信頼性(品質性)、差別化などなどがありますが、品質性については、よくわかりましたが、ブルーボトルコーヒーさんの差別化戦略とは、店舗のレイアウトが異なるという以外に、どういうことを考えてらっしゃいますか?コーヒー1杯、幾らですか?
01:26
play_arrow
Q:ブランディングは利用するユーザーとの間における関係性の構築でもあると思うのですが、それについてはどのような取り組みを行っていて、どのような成果が出ていますか?
00:57
play_arrow
Q:こう認知されたいというブランドコンセプトのようなワードはあるのでしょうか?スターバックスであれば、「サードプレイス」のようなものです。
00:33
play_arrow
Q:中には「一時のブームで混雑して終わるんじゃない?」みたいな意見もあると思いますが、ブームで終わらせず、文化を築いていくために必要な要素は何だと思いますか?
01:09
play_arrow
お知らせ