LIVE
ON AIR

21:00 - 22:00

リアルタイム課題解決-電通総研Bチームと行う公開ブレスト- #3 生放送中

第4回: デザイン思考の活用事例 -企業編-

今回の特集のテーマは「デザイン思考」。

その言葉だけから判断してしまうと、デザイナーがデザインをするにあたっての思考方法であり、モノづくりやクリエイティブ系の仕事において用いられるものだと勘違いしがちです。しかし実際には、AppleやGoogleなどグローバルに活躍する有名企業の製品開発のアプローチ方法としても採用されています。

今回の特集では、一般社団法人 デザイン思考研究所 代表理事である柏野先生をモデレーターとしてお招きし、デザイン思考とは何か?という概念理解から、効果的なデザイン思考の実践方法、企業・大学での活用事例などを全5回の授業で学んでいきます。この機会に、世界最先端のイノベーションメソッドを体得しましょう。


【モデレータープロフィール】

柏野尊徳

一般社団法人 デザイン思考研究所 共同創業者 / 代表理事 / 所長

慶應義塾大学総合政策学部入学後、1年間飛び級し慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程へ入学・修了。組織行動学専攻。3回の起業と15回の新規事業創造を経験。シリコンバレーの中心的な教育機関であるスタンフォード大学d.schoolにて、イノベーション手法:デザイン思考を学ぶ。同大学発行の関連テキストや動画、計7教材を監訳し、Web上で無料公開。累計ダウンロード数は16万部超え。岡山大学大学院で3年間の講義を担当後、慶應義塾大学SFCを拠点にイノベーション実現の支援を開始。プロフェッショナルの学習環境向上を目的に、2013年に一般社団法人 デザイン思考研究所を設立。スタンフォード大学講師との共同トレーニングコース提供や、新事業/製品/サービス開発のコンサルティング、関連企業研修を実施。クライアント先はAdobe、富士フイルム、日本テレビ放送網、ヤフー、スリーエム ジャパン、京都大学など。


 

第1回:デザイン思考の前提
2017年4月29日公開
01:00:00
  • 授業概要
  • 00:17
  • 全五回の内容
  • 00:20
  • コースの目的
  • 00:14
  • 自己紹介
  • 04:52
  • イントロダクション
  • 03:48
  • デザイン思考が示すもの
  • 01:24
  • イノベーションとは?
  • 04:20
  • 5つのイノベーション
  • 07:27
  • 人間中心のアプローチの意味
  • 11:19
  • デザインの原則と能力
  • 02:04
  • デザインの3原則
  • 14:19
  • 振り返り
  • 01:20
  • Q.人に行動を起こさせるデザインというものもありますか?(例:社会課題に関心を持たせる、解決に向かわせる、等)
  • 00:56
  • Q.人間が中心じゃない場合は「何」がちゅうしんになっているのか?
  • 01:19
  • Q.推薦書籍で、この本のどこにデザイン思考的な視点で参考になると思ったか、を教えてください!
  • 02:38
  • Q.デザイン思考は大学や大学院に通わずとも独学で学べるのでしょうか?
  • 01:54
  • Q.日本では働き方を変えましょう!という議論が毎日のようにされていますが、デザイン思考を使って具体的にアプローチできることはありますか?
  • 02:25
  • 【コメント】僕は今までデザインは直感的思考がなければできないと思っていました。分析的思考型なので、総合がデザイン能力と知り、分析からデザインに挑戦していきたいです。
  • 00:20
  • Q.学部・大学院はあるのか?
  • 02:41
  • Q.例:飢餓など。先進国に住む人々にとっては「遠い」問題ですが、現在まだ8億人が飢餓に苦しんでいる。
  • 02:51
  • 次回予告
開く
第3回: デザイン思考の活用事例 -大学編-
2017年6月11日公開
01:00:00
  • 【前半】授業
  • 00:00
  • ワーク
  • 00:01
  • まとめ
  • 00:49
  • 自己紹介
  • 05:06
  • イントロダクション
  • 00:56
  • 本日のゴール
  • 00:14
  • ワーク 「大学におけるデザイン思考の実践」 どんな特徴があるだろうか??
  • 02:33
  • 【コメント】デザイン思考を専門に学ぶというよりは、例えばエンジニアリングが専門の方がよりクオリティの高い仕事をするために学ぶ、というようなイメージです
  • 00:47
  • 【コメント】入社してくる人たちを見ていると、「手法」はいろいろ経験しているらしい、とわかります。残念ながら、実地にどう結びつけるかはピンときていない人も多い印象です。
  • 01:30
  • 【コメント】従来の経営学やロジカルシンキングなどを踏まえつつ、それとの違いを教えてくれそう。あとはグループワーク、フィールドワークなど、レクチャーというよりも、自分たちでやってみるところから学ぶ感じです。
  • 00:53
  • 【コメント】Facebookみたいに学生主導で便利なアイテムがそこかしこで生まれてそうです
  • 01:31
  • ドラッカー・スクールの紹介
  • 03:34
  • 山脇先生が大学をマネジメントしていた際、印象に残ってること
  • 05:05
  • トークセッション『大学でのデザイン思考について』
  • 00:32
  • トークテーマ『アートセンターでの学位制度』
  • 03:50
  • デザイン思考が伝わりやすい、伝わりにくい等の事態はありましたか?
  • 04:31
  • Q.日本企業からの派遣の学生もいたりするんでしょうか?
  • 00:35
  • Q.イノベーター養成のためのカリキュラムを、日本の大学にそのまま取り入れた場合、何か問題はありますか。
  • 03:39
  • Q.「価値」は何で示すのでしょう。物差しはありますか。
  • 04:37
  • 【コメント】安全の場にしようと宣言しても、なぜか年功序列や会議の延長みたいなのがくっついてきてしまいますね、うちの場合w
  • 00:56
  • 【コメント】何においても、相手の立場になって知覚してみるってのは大事な気がします
  • 02:34
  • Q.ここ数年でITベンチャー数社に勤務しました。どの会社も既存の成功事例を“パクる”ような形の事業が多く、そもそもデザイン思考を持つ起業家や経営者が少ないようにも思います。その結果、事業に失敗したりするケースも発生しています。そうした会社や職場で働いていた場合、どのようにしたら経営陣に「デザイン思考」を持ってもらえると思いますか?
  • 04:03
  • Q.デザイン思考を使うとき、「学生だからこそ」の可能なことや、面白さ、得ることのできるものについて何か考えるところはありますでしょうか。
  • 08:07
  • デザイン思考の事例
  • 00:00
  • 受講生の皆さんに常に頭に置いていただきたいこと
  • 02:58
  • まとめ
  • 00:51
  • 振り返り
  • 01:25
  • 【コメント】なんでこんなことやっているのか前提を考えるといい。 もしこれを変えると何が起こるかを考えるといい。
  • 00:21
  • 【コメント】What ifという話、議論、うちの会社の中じゃ、ほとんど会話に出てこないですねぇ。職種にもよると思いますけど。でも明日からちょっと使ってみよう。
  • 00:38
  • 【コメント】やっぱりバランス、というのはそうだが、べき論では進まない。なにか仕掛けが要りそうだ。
  • 00:14
  • 次回授業のお知らせ
開く
第4回: デザイン思考の活用事例 -企業編-
LIVE 7/7(金)19:00〜生放送

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

第4回の授業では、デザイン思考がどのように活用されているか、どのようなアウトプットが出ているか、を企業の担当者をお招きして学んでいきます。

【授業の流れ】

20分/ゲスト講師からプレゼンテーション

40分/質疑応答

※授業内容は変更になる可能性があります。変更となった場合は随時こちらのページで更新していきます。


【ゲスト講師 プロフィール】

小松原 威
Principal,  SAP Labs -Silicon Valley
 
東京都出身。慶應義塾大学卒業後、日立製作所を経て、2008年SAPジャパンに入社。営業として主に製造業を担当。2015年よりシリコンバレーにあるSAP Labsに日本人として初めて赴任し、デザイン思考を使って日本企業の変革・イノベーションを支援。ドイツとシリコンバレーの二つの視点から、多くの経営者や政治家、大学関係者に対して、破壊的イノベーションの本質やデザイン思考について啓蒙活動を行っている。


 

こんな人にオススメ
全般

デザイン思考のプロセスを学びたい方

スライド資料
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

受けたいランキング
新着の生放送授業
関連授業
第4回: デザイン思考の活用事例 -企業編-

イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書

次回 7月7日(金) 19:00~20:00

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×