サキヨミVR ーVR・ARの未来を考えるー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サキヨミVR:VR・AR業界の今を知る①
第1回:2017年7月10日公開 01:00:00

サキヨミVR:VR・AR業界の今を知る①

受講する

VR(Virtual Reality:バーチャル・リアリティ)とはコンピューター上に人工的な環境を作り出し、人間の五感も含めた感覚を刺激することで、あたかも人工的な環境にいるような錯覚・疑似体験を作り出す技術のことを指します。日本語では「仮想現実感」とも訳されています。

最近では、TVなどの各種メディアでも頻繁に取り上げられるなど注目度も高いこの分野。2016年は「VR元年」とも呼ばれ、OculusHTC Vive、そしてPlayStation VRなどと言った、ハイエンドVR機器が発売されるなど、私たち一般の消費者もVRに手を伸ばせる時代が、今まさに訪れようとしています。

今回の授業では日本最大のVR専門メディアであるMogura VRのご協力のもと、今まさに始まったばかりの『VRのビジネス活用の可能性』や『VRのあるライフスタイル』を受講生の皆さんと一緒に予測していきます。

【講師プロフィール】
久保田 瞬
株式会社Mogura 代表取締役社長/Mogura VR 編集長
慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングを行っている。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

授業一覧
サキヨミVR:VR・AR業界の今を知る①
2017年7月10日公開
01:00:00

この授業「サキヨミVR」では、ここ数年で飛躍的に注目度が増しているVR・ARのこれからをVRの専門家を交えて受講生の皆さんと予測していきます。

各種メディアでよく耳にするVRですが、皆さんどのようなものなのか?具体的なイメージができますか?
また、最近ではGoogleやFacebookなど世界的なIT企業もVRを推進していくと発表していますが、多くの企業がVRに熱視線を送っている背景をご存知でしょうか?

今回の授業では、「VR・AR業界の今を知る」と題して、VR技術、そしてビジネス活用の最前線の知識を得る1時間となっています。

  • オープニング
  • 01:12
  • 自己紹介
  • 01:00
  • 授業の目的
  • 01:00
  • 授業の予定
  • 01:27
  • 本日のアジェンダ
  • 01:09
  • 【先生からの質問】VRを体験したことはありますか?
  • 06:23
  • VRとは何か?
  • 00:35
  • 【先生からの質問】VRを日本語で言うと何と言いますか?
  • 03:16
  • ・VRとは
  • 09:21
  • ・様々なVRデバイス
  • 01:57
  • VR/AR/MRの違いとは?
  • 15:06
  • なぜVRが盛り上がっているのか?
  • 00:08
  • ・VRの歴史
  • 03:08
  • ・VRの今
  • 03:14
  • ・データで見るVR
  • 07:46
  • まとめ
  • 01:17
  • 質疑応答
  • 06:54
  • 次回授業のお知らせ
  • 00:54
  • エンディング
  • Q.嗅覚はVR上で再現できるんでしょうか?
  • 01:14
  • Q.VR酔いというのは結構あるんでしょうか?
  • 34:42
  • Q.ポケモンGOのPVが開発者の目指しているところと思いますが、現実の地図と仮想の空間が混ざっている(融合)しているような気がします。MagicLeapのようなものと融合してまた次の段階でしょうか?
  • 01:04
  • Q.あまりに没入感が高いと現実でトラブルが発生(火災など)した時に、気付けない気がして怖いのですが、何か対策されてきているのでしょうか?
  • 00:47
  • Q.VR/AR/MRに関する技術的な職業に就きたいと考えている場合、何から始めればよいのでしょうか?
  • 01:15
  • Q.携帯・スマホで写真→映像を個人で撮影できるようになったように、個人レベルでVR映像を撮れる・編集できるようになるのは近いうちに起こりそうですか?
  • 01:15
  • Q.ネットのストリーミング中継のように、多少のディレイはありつつもリアルタイムVR中継はできそうでしょうか?
サキヨミVR:VR・AR業界の今を知る②
2017年7月24日公開
01:00:00
サキヨミVR:必ず起こる未来を知る 【ソーシャルVR】
2017年8月7日公開
01:00:00

この授業「サキヨミVR」では、ここ数年で飛躍的に注目度が増しているVR・ARのこれからをVRの専門家を交えて受講生の皆さんと予測していきます。

今回のテーマは、授業タイトルにもある通り「目の前にあるVRの未来」。
まだ、実用化はされていないものの、近い将来に必ずメインストリームに登場するであろう新しい技術・コンテンツを紹介し、その技術がどのように産業を、そして私たちの生活を変えていくのか?を議論していきます。

この授業では先進事例の一つとして「ソーシャルVR」をご紹介していきます。
VRでコミュニケーション取ることが出来、テキストベースのコミュニケーションとは異なるコミュニケーションが可能となるこの技術。最近では、2017年4月にFacebookがソーシャルVRアプリのベータ版をリリースしたことでも話題となりました。


【ゲストご登壇者プロフィール】
加藤 直人
クラスター株式会社 Founder CEO

大阪生まれ。京都大学理学部にて宇宙論と量子コンピュータを研究。同大学院中退後、スマホ・Web開発や技術本の執筆をしながら、約3年間のひきこもり生活を過ごした。その際出会ったVRデバイス(Oculus Rift Development Kit)に感銘を受ける。 2015年夏に起業。アバターを用いてVR上で数千人規模のイベントを開催することのできるプラットフォーム「cluster.」を公開。


 

サキヨミVR:必ず起こる未来を知る 【BtoBでのVR活用】
2017年8月21日公開
01:00:00

この授業「サキヨミVR」では、ここ数年で飛躍的に注目度が増しているVR・ARのこれからをVRの専門家を交えて受講生の皆さんと予測していきます。

今回のテーマは、授業タイトルにもある通り「B to BビジネスでのVR活用」。
ゲームなどのエンターテイメント領域が注目されがちなVRですが、最近ではビジネスにおける活用も進み始めています。教育、観光、物流から製造業まで、例を挙げればキリがないほど、さまざまなところでVRのビジネス活用が検討され、活用のされ方が模索されています。

この授業では、その中でも「建築」「医療」「小売」業界を事例として取り上げ、その活用のされ方や、その業界のビジネスの中のどのフェーズでどのような役割を果たすのか?などを紹介していきます。VRの可能性を感じ、受講生の皆さんも「自分がいる業界ではどのような活用の仕方ができるだろう?」と考え、考えを授業内でシェアしていただきたいと思っています。


【ゲストご登壇者プロフィール】
■沼倉正吾
DVERSE Inc.(ディヴァースインク)CEO
2004年、株式会社ナスカークラフト設立。代表取締役として、ゲームソフト開発、携帯・スマートフォンアプリ開発、クラウド映像配信サービス開発など新規事業の立ち上げに従事。2014年にVRソフトウェア開発を専門としたDVERSE Inc.を米国に設立。同社CEOとして、様々な企業とのVRに関する共同研究開発を行う。2016年よりビジネス向けVRソフト「SYMMETRY(シンメトリー)」の開発を行っている。



 

サキヨミVR:来るかもしれない未来を考える
2017年9月4日公開
01:00:00

この授業「サキヨミVR」では、ここ数年で飛躍的に注目度が増しているVR・ARのこれからをVRの専門家を交えて受講生の皆さんと予測していきます。

今回のテーマは、2030年には実現しているかもしれない、また実現してほしい未来を皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。


【ゲストご登壇者プロフィール】
山口 征浩
株式会社Psychic VR Lab 代表取締役
2000年、データセキュリティ製品等を開発するイーディーコントライブにアルバイトとして入社。同年、同志社大学工学部中退。2003年、同社の東証マザーズ上場に伴って社長へと就任。コンピューターソフトウェア著作権協会理事等を歴任。社長退任後2008年、マサチューセッツ工科大学(MIT)に単身で留学。2014年に『Psychic VR Lab』を立ち上げ、2016年法人化。ファッション、アート、音楽などの分野においてVR表現を行うためのVRクリエイティブプラットフォーム STYLY 立ち上げ運営を行う。


 

こんな人にオススメ
全般

最近、話題のVR、ARに関して最新情報を得たい方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

この授業を受けたい(1248人)
その他 1168人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×