決して記録に残せない、スタートアップの真実Q&A 『ウィルゲート編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィルゲート 吉岡 諒から学ぶスタートアップの真実

スタートアップの裏に潜む真実を探る、生放送限定の60分です。

新しい価値を、ものすごい速さで生み出し続けるスタートアップ起業家。その派手なイメージとは裏腹に、彼らは日々、困難と戦っています。起業家が直面した苦難とその対処法を知ることで、事業作りを学んでいきましょう。

本授業は、質疑応答型の授業です。質問の種類は2つ。

①本企画に出演するすべての先生に聞く『真実を探る5つの質問』
②受講生のみなさんが切り込む生の質問

※受講生の質問力が重要な鍵となります。起業家の普段見ることのない一面を、あなたの質問でひも解いていきましょう。

====================
■真実を探る5つの質問
====================

1 なぜ起業しようと考えましたか?
2 今まで一番失敗した「組織・採用」の話を教えてください
3 資金繰りが最も苦しかったときの話を教えてください
4 上場/バイアウト等、Exitについてはどのように考えていますか?
5 もう一度起業をやり直すとしたら、何を変えますか?
 

授業一覧
[終了]生放送限定
ウィルゲート 吉岡 諒から学ぶスタートアップの真実
2017年7月29日公開
01:00:00

今回、質問に答えるのは株式会社ウィルゲート、専務取締役 共同創業者 吉岡 諒先生。先生がどんな苦難を乗り越えて、今のウィルゲートを創り上げたのか、60分間質問し続けましょう。

=========================
株式会社ウィルゲートとは
=========================
サービス:
[コンテンツマーケティング事業]
 ・オウンドメディア構築・運用
 ・SEO支援
 ・コンテンツ作成支援(サグーワークス
 
[メディア事業]
 ・暮らしニスタ
 ・Milly
 ・みんなの家づくり

設立:2006年6月20日
資本金:6,000万円

====================
■ウィルゲートに関するニュース
====================
「技術に心はついてこないが、心に技術はついてくる」第7回:社長の右腕が語るウィルゲート 吉岡諒専務に聞く
設立10周年。“第2の創業期”を迎えたウィルゲートの決意
企業とライターがWin-Winな市場目指す、クラウドソーシングの「サグーワークス」は他社と何が違う?

====================
■先生プロフィール
====================
吉岡 諒/株式会社ウィルゲート 専務取締役 共同創業者
1986年生まれ、岡山県岡山市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。
小学1年生からの幼馴染の小島梨揮氏と共に高校卒業3日後に起業。
2006年、19歳で株式会社ウィルゲート設立。2012年に記事作成特化型クラウドソーシング「サグーワークス」、2014年に暮らしのアイデア投稿プラットフォーム「暮らしニスタ」をリリース。設立10年で3,100社を超えるwebマーケティング支援実績のあるコンテンツマーケティング事業部の最高責任者を務める。
現在、ウィルゲートは12期目を迎え、従業員130名規模にまで拡大。世界最大級の意識調査機関Great Place to Workが実施する「働きがいのある会社」調査ランキングで、5年連続ベストカンパニーに選定される。

こんな人にオススメ
全般

スタートアップの事業開発、組織づくりに興味がある方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

この授業を受けたい(193人)
その他 113人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×