chevron_left この世界は現実か仮想現実か考える

この世界は現実か仮想現実か考える

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 32

授業の概要

この授業を一言で表すと...

「この世がシミュレーションである可能性を学ぶ授業です。」

 

この授業で学べること

・シミュレーション仮説とは何か
・シミュレーション仮説を正しいとする裏付け
・我々とは異なる文明が世界をシミュレーションする目的

 

本授業を担当するのは、日本初の「シミュレーション仮説」入門書『この世界は誰が創造したのか: シミュレーション仮説入門』を執筆した、冨島佑允先生です。

授業紹介コメント

  • 冨島 佑允
    先生

    冨島 佑允

    この講義では、あなたの人生はコンピューター・シミュレーションかもしれないという話をさせて頂きます。
    コンピューターの性能は急速に向上し、ゲームのCGは現実の映像と見紛うほど精巧になってきています。「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉が有名になったように、人間の自我の仕組みを解き明かし、人格そのものをコンピューター上にアップロードするという話も真面目に議論される時代になりました。
    そういった技術進歩の先にあるのは、人間そのものがデータとして表現され、コンピューター・シミュレーションの中で暮らす世界です。いや、実はもうすでに、私たちはそのような世界に住んでるのかもしれません。気付いていないだけで…。
    シンギュラリティが到来すると、仮想現実の精度が極限まで高まり、バーチャル世界と現実世界の区別は意味を失うといいます。私たちより先にシンギュラリティを経験し、コンピューター上に人間社会を再現した人達がいたとしたら。そして、彼らが創ったバーチャル人間とは、実は私たちの事だったとしたら。果たして彼らの目的は何なのか、一緒に考えて頂けませんか?