10/25(Sun)

今日の生放送

<以下書き起こし全文>

人生とはですね、ブッタがまたすごいなと思うのはですね、なにがすごいかって「人生は苦である」って言ってるんですよね。生きるのはしんどいと。本当にみんな誰しもが実感できると思うんですけど、で、その流行病がなくても、戦争がなくても生きるのってしんどいんですよ。みんな。

で、そのしんどい場面に出会った時に、何処に向かっていったらいいかわらないっていうことなんですよね。で、まあ特に日本でいうと、私達お坊さんはですね、しばしば葬式仏教であるという風に言われるんですけどもそのお坊さん自身私達自身も多いに反省することが沢山あって、昔の方は亡くなった後のことですよね、戒名がとかそういうことに興味を持ってらっしゃったんですけど、今は違うんですね。そうではなくて、今どうやって生きるかっていうところに答えを求めてらっしゃるわけですよね。

亡くなるまでというか、今まさにこの瞬間を何処向いて生きていけばいいのかというので迷ってらっしゃる方がいると思うんですよ。
この宗教っていうのは、絶対無くならないと思っていて、何故かというと宗教は心を相手にしているからなんですね。
人間がいる限り心がある。心がある限り必ず前を見るんですね。でそこでただ皆さんは今、どうやって生きるかについて興味があるので、それに対する答えを私達は提供していかないといけないと。

のにも関わらず相変わらずお葬式とか、法事とか、もちろんそれも人生の大事な場面なので疎かにしてはいけないんですが、それだけに集約されている人っていうのが多いのが私達の問題点でもありますし。

この宗教持ったほうがいいか、ということなんですが、それは自分にぴったりと合う宗教があれば探してですね、持たれた方がいいと思うんですね。

しかし、無宗教であっても、神様仏様を信じないって人であったとしても、なんていうんですかね、倫理観というか道徳観というか目指すべき本質というかそういったものは持たれた方がいいと思います。
無理やり何かを信じろっていうことは無いと思うんですけど、その指針になるような考え方、これは是非とも持たれた方がより、生きやすいんじゃないかなという気がします。
っていう気がします。

メニュー

まとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加