10/23(Wed)

今日の生放送

数字に弱い若手社員の方必見!

 

数字・データを読む際に必要な

1.論理的に考える方法

2.数字で論理を支える方法

が学べます。

 

「文系だし数字は苦手」

「データは読めるんだけど、それで何を言っているか分からない」

「全部のグラフが同じに見える」

「企画や提案に説得力がないと言われる」

 

など数字に関しての悩みはつきない…

 

グロービス経営大学院田久保 善彦先生による

「新入社員がイチ早く成果を出すために必要な5つのこと」

から数値・データにまつわるプチ知識とテクニックを抜き出しました。

データを見る前に、仮説を持っていない方へ

数値の種類を曖昧にしか知らないままの方へ

データを計算だけで触っているかもしれない方へ

データを読んでもいまいち分析できない方へ

この授業の全編を見るには↓

新入社員がイチ早く成果を出すために必要な5つのこと【グロービス経営大学院 特別授業

ビジネススキルを他にも学ぶには↓

グローバル社会で活躍する人は押さえておくべき、世界のエリートが学ぶ“21世紀スキル”とは?【ディスカヴァービジネス書スクール4限目】

 

数字に弱い若手営業マンへ、効果的なデータの示し方を学ぶためのオンライン動画授業3選

数字に弱い営業マンのあなたに、ビジネスに使える数学を学ぶための授業3選をご紹介します!
これらの授業を通じて、どのようにして数字に説得力を持たせたらいいのかや、データが何を伝えているのか、について理解することができます。
ぜひこれらの授業を受講し、数字に関する知識を身につけましょう!

 

1.仕事に活かせるヤバイ統計学

営業でお客さんに数字を見せる際にどう数字を見せたらいいのか、どの数字を見せたらいいのか、悩みませんか?

本授業を通して、売上データ、マーケティングデータ、ユーザーの行動、アンケート調査など、あらゆる目的に応用できる統計的データ分析の基礎を、誰でも簡単に学べます。

本授業から、統計的データ分析の基礎を学ぶことであなたの営業の説得力が増すでしょう。

 

2.数字嫌いからの卒業‐ビジネス数学講座入門編‐

「数学の知識が社会に出てから必要なのは分かるけど、それでも苦手意識はそんなに簡単に拭えない…」そう感じている方もいらっしゃるでしょう。本授業はそんな数学嫌いのあなたに向けた授業です。

学生時代から引きずってきた「数字アレルギー」を克服して数字に強いビジネスパーソンを目指しましょう。

 

3.情報を効果的に活用する方法

本授業は、新社会人・若手社会人を対象に、情報の活用方法を学ぶ授業です。

高度情報化社会である現代では、目前の課題に対して適切な情報を収集し、正しいやりかたで分析して問題解決を行うことが求められます。

本授業から、情報の正しい活用方法を学ぶことであなたも相手にデータを正しく伝えられるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

これらの授業を受講することで、数字とデータに関する基本的な知識を身につけることが出来るでしょう。
さらに、これらの授業を通じて、自身がこれからどのように効果的な営業をしていけばいいのかを考えることも出来たのではないでしょうか?

スクーではこれら3つの授業以外に社会人に必要なデータと数学に関する授業を多数開講しています。 ぜひスクーでさまざまな授業を受講し、効果的な営業とデータの示し方に関する知見を深めていきましょう!

今日の生放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分動画で学ぶの記事一覧