1/23(Sun)

今日の生放送

株式会社スポットライト 代表取締役 柴田 陽(しばた よう)

株式会社スポットライト 代表取締役 柴田 陽先生

バーコード価格比較アプリ「ショッピッ」や「日本交通タクシー配車」など、数々の「0」から「1」を生み出すサービスを手がけ、2011年5月に自身4社目となるベンチャー、スポットライトを設立。国内を代表するオンラインtoオフラインサービスである「スマポ」を生み出す。2013年10月に楽天にバイアウト。


<学べるポイント>
起業すると決めて退社した後に陥るその日暮らしの働き方を、どう見直せばいいのかについて、Evernote創始者のフィル・リービンのスピーチを例に学べます。

<動画内容>
個人的なリスクとしては2つあって、「1,収入の安定が失われる」「2,キャリア形成の先が見通せなくなる」これを条件反射的に備えるために、どういうことをするかというと、この2つをよくしがちなんですね。

スポットライト・柴田陽先生に学ぶ、起業に潜むリスクをゼロに近づけるための方法

1つ目は、安定がなくなるから、「明日の収入のために何かしら、すぐお金になるようなことをしよう」と。よくありがちなのが、コンサルティングとか。エンジニアの方だったら受託開発をするとか、そういったことが稼ぎになりやすい。

2つ目がですね、キャリア形成の先が見通せなくなるので、前職から得意分野だったところにフォーカスをする。例えば前職で、輸入のお仕事をしていたら、中国から輸入品を輸入するということをどんどん突き詰めていこうと。

こういったことが、取りがちな対策なのですが、これはいずれもかなり前職に引っ張られています。

これをするのに、良い悪いはないのですが、実はあなたが起業しようと思って決意した裏側に、どういったことがあるのか、ということを、もう一回見つめ直していただきたいなという風に思います。

例えば何のために起業するかというと、人それぞれ十人十色の理由があると思うのですが、僕が非常に好きなお話として、Evernoteの創業者のフィル・リービンという方のスピーチがあります。

スポットライト・柴田陽先生に学ぶ、起業に潜むリスクをゼロに近づけるための方法

「起業をする理由を一つだけ挙げるとしたら、それは世界を少しだけ変えられるかもしれないということだ。今の時代はスマートフォンやクラウドサービスが普及したことで、昔よりも簡単に少しだけ世界を変えられる可能性を秘めている」

というようなことを仰っていて、僕はすごくこの言葉に共感しますし、こういったことを理由に起業される方というのも多いんじゃないのかな、という風に思います。

そういったことを考える時に、世界を変える事業というものが、すぐ日銭になって、前職やっていたことをどんどん深堀りしていくことに近いのかどうか。それは間違っているのではないか、という可能性もあるという風に思っています。

 

 

悩む起業家の人必見!なぜ起業するのかを学ぶためのオンライン動画授業3選

なぜ起業するのか悩んでいるあなたに、起業に成功する方法を学ぶための授業3選をご紹介します!
これらの授業を通じて、自分を最高値で売る方法や、起業に成功するなどについて理解することができます。
ぜひこれらの授業を受講し、起業に関する知識を身につけましょう!

 

1.自分を最高値で売る方法

本授業では自分を最高値で売る方法を学ぶことができます。

形は起業でも副業でも構いません。あなたが最高値で売れるノウハウを学びましょう。独立して生きていく人の"本気"を後押ししてくれる授業となっています。

 

2.長坂 有浩の熱血起業塾

本授業は独立・起業を目指す方にオススメです。起業するなら失敗したくない、そんな思いを誰もが抱えていると思います。

授業では、「起業」をキーワードに成長戦略、ビジネスプラン、資金調達、社長のメンタルケア等、幅広いテーマを取り上げます。

 

3.『起業のち晴れ』な人になる方法

本授業は起業して成功したい方にオススメの授業です。起業が辛いという人と、起業が楽しいという人の違いは行動の差によるものです。

恐れず行動するために、どうやったら行動を楽しめるようになるかについて授業を通して学びましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

これらの授業を受講することで、起業に関する基本的な知識を身につけることが出来るでしょう。
さらに、これらの授業を通じて、自身がこれから仕事とどのように関わっていこうかを考えることも出来たのではないでしょうか?

スクーではこれら3つの授業以外に起業に関する授業を多数開講しています。 ぜひスクーでさまざまな授業を受講し、起業に関する知見を深めていきましょう!

メニュー

まとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加