創業1年目のベンチャー企業で行うべき広報とは?

この授業では、起業してから間もないベンチャー企業が広報活動を始めるにあたって重要なことが学べる内容になっています。

起業して、サービスをローンチするとどこかのタイミングで必ず告知活動が必要になってきます。

そのときに重要なのは、営業に近い感覚での広報活動です。

ただし、営業とは異なります。では、その違いは何なのか?

広報は、営業のように近くのお客様に知ってもらうための活動をするだけではなく、より広く、多くの方に知っていただくための活動がメインになってきます。効果的にそれらを実行するには、メディアの視点、視聴者、消費者の視点に立った情報提供が必要になってきます。

プレスリリースを出せばメディアが取り上げてくれるという時代はいつの世にも実は有りません。プレスリリースすることは非常に重要ですが問題は中身です。

広報はやり方に正解等ありません。基本とすべき型のようなものはありますが、企業によりスタイルがあって良いと思います。ご自身が出されているサービスを広く世に広めるためにも、効果的な情報発信をしてみませんか?

楽しくPRの魅力について知っていただき、皆さんの会社がよりよい広報を行うことができるTipsを持って返っていただければと思います!

詳細を開く