新しい価値観、「イケハヤ的価値観」とはなにか?

「大変革期のビジネスチャンス、キャリアチャンス」

3回目:イケハヤ的価値観が主流になる

プロブロガーのイケダハヤト論。彼の主張は賛否両論で炎上することも多いが、枝葉末節にこだわらずに彼の主張の根幹部分だけ見れば、若い世代に共通する考えであることが分かる。こうした考えが若さゆえの甘さなのか、それとも社会を襲う価値観変化の津波なのか。それを見極めることが時代を読む上で非常に重要になる。

私は彼の主張に対する感情的な反論を見るにつけ、その反論が感情的であればあるほど、反論者の心の奥底にある自分らしく生きたいという欲求の存在の大きさを感じる。そうでなければ、そこまで感情的になる必要はまったくない。イケダさんと考えが違ってもそこまで感情的になっていない人はたくさんいる。

つまりイケダさんを非難する人の中で感情的な人ほど、イケダさんと同じ価値観の芽生えを心の中に持っていると言えるのだと思う。

このイケダさんをめぐる論争から、社会の価値観はイケダさんが主張する方向に流れていくという思いを強くしている。

この価値観の変化を読むことができた人だけが、変化の際の新たなビジネスチャンス、キャリアチャンスをつかめるのだと思う。

詳細を開く
スライド資料
担当の先生
関連授業