ビッグデータを活用して、サービスを成長させる技術

ソーシャルゲームがインターネット業界を席巻し、ビッグデータという言葉が市民権を得て久しいですが、その実態を知っている人間は一握りだと思います。

Amebaでは、2012年にスマートフォンに特化したコミュニティ&ゲームプラットフォームをオープンしてから、これまでに100タイトル以上ものスマホサービスを立ち上げ、運用してきました。

インターネットサービス、特にソーシャルゲームゲームは日々の運用をしていくことでユーザーの継続率を上げ、DAU(Daily Active Users)を増やし、売上を伸ばしていくものです。

今回の授業では、そんな数多くのサービスを立ち上げ、運用していく中で培ったデータを活用し、『いかにしてソーシャルゲームを立ち上げ、成長させ続けられるか』をテーマにお話させていただきます。

昨年末にリリースし一気にAmebaのNo.1サービスに急拡大した「ガールフレンド(仮)」や、ソーシャルゲームの黎明期からいまだに成長し続けている「モグ」などの事例を用いて、ソーシャルゲームの運用戦略やビッグデータの活用事例を学んでいただければと思います。

アナリストやデータマイナー、プロデューサー/プランナーのようなすでにソーシャルゲームに従事している人はもとより、インターネットサービスに今後携わっていきたいと考えている人たちすべてにとっても、何かしらのヒントを持ち帰っていただければ幸いです。

詳細を開く
ビッグデータを活用して、サービスを成長させる技術
2013年10月11日公開
01:00:00
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 02:31
  • Amebaについて
  • 03:54
  • ソーシャルゲームって?
  • 06:21
  • DAUを細分化しよう!
  • 07:06
  • 立ち上げってどうするの?
  • 12:31
  • 運用で伸ばすには?
  • 04:03
  • イベントの運用って?
  • 04:20
  • Q:施策の整理は、どのように行っていますか?
  • 01:10
  • Q:施策は因果関係の仮説に基づいていると思いますが、何をもって因果関係と仮説しているのでしょうか
  • 01:44
  • Q:CDCとして、データマイナーに備えておいて欲しい資質、能力はどのようなものがありますか?
  • 01:15
  • Q:これまでの分析で「これはうまくいかなかったなぁ」という施策には、どのようなものがありましたか?
  • 02:06
  • Q:ビッグデータ以外に、実際のユーザーからのレポートやアンケートなどもされていますか?
  • 01:54
  • Q:Ameba HawkeyeでBI化を薦めているとの事ですが、BIが定着・うまく回るための秘訣はどこだと思いますか?
  • 01:35
  • Q:先生が遊んでみて印象に残ったゲームはありますか?
  • 01:05
  • Q:施策を打って上手くいった結果が出て、特に課題点が無い場合については、先生なら次回はどのような施策提案を行いますか?
  • 01:29
  • Q:可能でしたら分析ツールをご教示ください
  • 01:16
  • Q:如何にしてデータマイニングを身につけられるでしょうか
  • 02:01
  • Q:どの位のデータ量が集まれば、有意と判断しますか?
  • 02:00
  • 課題発表
開く