chevron_left Googleタグマネージャで始めるタグ管理

Googleタグマネージャで始めるタグ管理

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 40

授業の概要

現在のインターネット業界では、ユーザーのアクセス情報を解析するツール、広告を出稿するために必要なデータを計測するツールなど、さまざまなツールがあります。


これらのツールに共通して言えるのは、利用するためにはそれぞれのツールが生成したコードを、対象ページのHTMLへ挿入しなければならないということです。このコードをタグと呼びますが、その中身はツールによって変わる上に同じツールでも用途によっても変わるため、タグは利用したいツールの数以上の種類が存在します。


そういった雑多な種類のタグがWebサイト内のいたるところへ無秩序に挿入されると、予期せぬJavaScriptエラーや管理不行届き、ケアレスミスでの誤削除など、Webサイトの運用面で無視できない問題が発生しがちです。

このコースでは、そういったタグを管理するためのツール「Googleタグマネージャ」についての授業を行います。
主にWeb業界で実際にページ(HTML)を触る人や管理する人、または広告関係のやりとりをする人向けの内容ですが、段階ごとに2回の授業に分けて進めていきます。

2限目では実際にGoogleタグマネージャを使っていくにあたっての、具体的な設定方法や運用について、設定画面を交えながら解説する実践的なことを取り上げます。

※こちらの授業は資料のDLはできませんのでご了承ください。

 

こんな人にオススメ

Web業界で実際にページの作成や管理を行う方、広告関係のやりとりをする方

授業で使用する教材

※授業以外での使用は禁止します

チャプター

play_arrow
自己紹介
00:46
play_arrow
本授業の目的と流れ
00:45
play_arrow
#1 タグ登録時の作業フロー
00:10
play_arrow
タグとトリガーと変数についての復習
01:21
play_arrow
質問:どういう順番で登録するとスムーズ?
03:11
play_arrow
実際の登録手順と重要な初期確認
04:36
play_arrow
ページ改修が必要なケースとそのパターン
02:46
play_arrow
eコマース用の出力サンプル
01:08
play_arrow
主に変数として登録可能なもの
02:45
play_arrow
特に使うトリガーの種類について
04:32
play_arrow
ページ指定にはURL変数を使う
02:55
play_arrow
動作確認には3つのステップがある
01:49
play_arrow
#1 セクションまとめ
01:00
play_arrow
#2 クリック時などのトリガーの作り方
00:09
play_arrow
質問:ページ表示時以外でタグ配信させてる?
03:23
play_arrow
クリックやフォーム送信の注意
01:56
play_arrow
クリックトリガーを設定してみよう
07:12
play_arrow
クリックトリガーの注意点
01:35
play_arrow
クリックトリガーで陥りやすい問題と対策
05:29
play_arrow
カスタムイベントの使い方
01:20
play_arrow
#2 セクションまとめ
00:34
play_arrow
#3 運用時に役立つ小技・ポイント
00:19
play_arrow
「定数」変数で汎用パーツ化
01:04
play_arrow
本番環境トリガーがあると便利
00:59
play_arrow
dataLayer変数の出⼒の書式
01:14
play_arrow
バージョンの名称とメモは重要
00:39
play_arrow
オフタイムはタグ配信スケジュールを使う
00:49
play_arrow
カスタムHTMLタグは処理タイミングに注意
02:16
play_arrow
全体のまとめ
00:49
play_arrow
Q:正規表現選択時に、スラッシュとピリオドはエスケープしなくていいのですか?
00:45
play_arrow
Q:「iOS」「Android」ボタンは、ネイティブアプリ用ということですか?
00:39
play_arrow
お知らせ