フリル(FRIL)のリブランディングプロセス

フリルのアートディレクター/UIデザイナーを務める割石裕太先生が、自社内で行ったデザインリニューアルについてお話します。

外部に依頼するケースとの違いを中心に、実際のプロセスや思考について学びます。

詳細を開く
フリル(FRIL)のリブランディングプロセス
LIVE 4/11(火)21:00〜生放送

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

スマートフォンのカメラで商品を撮影するだけで簡単に出品することができる日本初のフリマアプリ、フリル(FRIL) 。2016年10月、フリルはサービスのデザイン・ロゴのリニューアルを行いました。

企業のロゴリニューアルを行う場合、社外に依頼する方法もありますが、今回のリニューアルを手掛けたのは、社内のデザイナーです。

実際に手掛けたデザイナーを先生としてお招きし、自社でリニューアル・リブランディングを行った際の「思考」「自社で手がける場合のプロセス」「悩んだ箇所」「外部依頼との違い」を中心にお話いただきます。

■アジェンダ

----------------------------------------------------------------------

・社内に提案する前の思考

・デザインプロセス(苦悩したポイント)

・採用に至るまでのラフデザイン

・自社で手がけるリブランディングとは

----------------------------------------------------------------------

■今回の先生

割石裕太 先生

2012年に面白法人カヤックに入社後、クライアントワークを経て、『Lobi』のリードデザイナーを担当。2015年9月より 株式会社Fablic に入社後、アートディレクター・UIデザイナーとして、フリマアプリ 『フリル (FRIL) 』や、社内全体のデザインに関わる。
個人でも、OH という屋号で  “「わ!」より「お!」となる体験を。” をコンセプトに、 ブランディング・UIデザインを中心に幅広く活動中。

OH : http://wariemon.com
フリル (FRIL) : https://fril.jp/
Twitter : @wariemon

こんな人にオススメ
WEBデザイナー(中級)

サービスのデザインリニューアルに興味のある方

担当の先生
受講生代表
  • 未定

    未定

受けたいランキング
新着の生放送授業
関連授業