技術系カンファレンスにいこう by WEB+DB PRESS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
技術系カンファレンスにいこう by WEB+DB PRESS
第1回:2017年4月24日公開 01:00:00

技術系カンファレンスにいこう by WEB+DB PRESS

受講する

エンジニアの皆さん、カンファレンスや勉強会に行ってますか?

最新技術のトレンドやアップデート情報など、キャッチアップしなければならない情報が多いエンジニアという仕事。

「役に立つ情報が得られるのは確かだけど、忙しくてなかなか参加できない」
「聞きたい話が聞けるかどうかが、よく分からない」
など、参加しようとは思っていても、悩みや不安があるのも行くのがおっくうになるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の授業では、プログラミング技術情報誌の草分け、WEB+DB PRESS技術評論社発行)のご協力の下、日本Rubyの会代表の高橋先生、RubyKaigiの運営者である角谷先生をお招きし、技術系カンファレンスの概要から、直近のオススメカンファレンスまで幅広くご紹介いただきます。カンファレンスの運営者でもあるお二人の先生に聞きたくても聞けない悩みや疑問を質問し、解決していきましょう。

授業一覧
技術系カンファレンスにいこう by WEB+DB PRESS
2017年4月24日公開
01:00:00

今回は、カンファレンス、勉強会に行きたいけど行けていないというエンジニアの方に向けた授業です。

【授業の流れ】
①高橋先生より技術系カンファレンスのご紹介/10分
②高橋先生、角谷先生の対談/40分
③質疑応答/10分
※上記は予定です。変更になった場合は、このページで随時更新します。

【講師プロフィール】
■高橋 征義
一般社団法人日本Rubyの会代表理事
札幌出身。Web制作会社にてプログラマとして勤務する傍ら、2004年にRubyの開発者と利用者を支援する団体、日本Rubyの会を設立、現在まで代表を務める。
2010年にITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作と販売を行う株式会社達人出版会を設立、現代表取締役。好きな作家は新井素子。

■角谷 信太郎
一般社団法人日本Rubyの会理事/個人事業主
パートタイムのアジャイルおじさん。ちょっとRubyを書ける。RubyKaigiにくわしい。
(株)Misoca技術フェロー。(株)永和システムマネジメント フェロー。
訳書監訳書は『アジャイルサムライ』『アジャイルな見積りと計画づくり』『Rubyのしくみ』『なるほどUnixプロセス』など。

こんな人にオススメ
全般

技術系カンファレンスに行ってみたいけど行けていない方/新米エンジニアの方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

この授業を受けたい(326人)
その他 249人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×