連続起業家に学ぶ「プログラミング学習」の一歩目

連続起業家に学ぶ「プログラミング学習」の一歩目

2022年5月12日最終更新(全1回)

コース概要

続起業家に学ぶ「プログラミング学習」への取り組みを維持する秘訣

 

DXが普及してから、企業のデジタル化だけでなく、プログラミングやツールを駆使した個人のDXも行われるようになりました。また、副業でWebサイトを構築したり、転職でサービス開発に携わってみたいと考えている方も増えてきました。

しかしながら、プログラミングを学び続けられるか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は連続起業家の鶴田浩之さんに先生としてご出演いただき、プログラミング学習を続けていく秘訣を受講生のみなさんにご紹介いたします。

 

モチベーションを上げてプログラミングを学び続けていきましょう。

 


■講師

鶴田 浩之

鶴田 浩之

株式会社LABOT 代表取締役CEO

慶應義塾大学在学中にアプリ開発Labitを創業し、大学生向けアプリ「すごい時間割」を開発、2014年に事業売却。その後、ゲームエイトを設立し月間1億PVに成長。2017年、IPO前のメルカリに参画しグループ会社執行役員に就任してCtoCサービスを企画、開発、PMとしてプロデュース。スタートアップや上場企業での経験をもとに、新たなプログラミング教育サービスを提供すべく、日本で始めて授業料の「出世払い」であるISAを仕組みに取り入れたエンジニア養成学校「CODEGYM」を2019年に創業。

こんな人にオススメ

「プログラミングを学ぼう」と学習に対して前向きになっている方