ユーザー調査・分析に基づいた、”刺さる”WEBサービス・プロダクトデザイン

ユーザー調査からユーザー像をまとめたあと、現状と比較する「ギャップ分析」をして、ウェブサイトや製品を改善するプロセスを紹介します。

ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD)や人間中心設計(HCD/UCD)、リーンスタートアップでは、ユーザー調査を奨めています。ユーザー調査のあとは、適切な分析をして、ユーザー心理を分かりやすいかたちにまとめます。

しかし、まとめたユーザー像を、プロジェクトの次のステップに活かすのは、思いのほか難しいものです。例えば、せっかくつくったのに誰もつかわないペルソナ。ほとんど省みられないユーザージャーニーマップ……。ユーザー像をまとめただけでは、プロジェクトの先のステップに活かしづらいものです。

そこで、ユーザー像をプロジェクトで活かす手法として「ギャップ分析」を用います。ユーザー像と現状を、ひとつひとつ、ていねいに比較しながら、コンテンツや機能を洗い出し、改善ポイントを見つけるプロセスです。

この授業では、ユーザー像と現状を比較する「ギャップ分析」をして、WEBサイトや製品を改善するプロセスを紹介します。

詳細を開く
スライド資料
担当の先生
関連授業