物を売るな、物語を売ろう

商品・サービス・個人がもっと共感してもらうための「物語(ストーリー)」の作り方を学ぶ授業です。

ソーシャルメディアによって、誰でも簡単に情報発信・セールス・プロモーションができるようになりました。
その影響により、世の中には必要以上の情報が溢れ、どんなに魅力的な商品であっても、上手く情報を届けなければ売れない時代になっているといえます。

ですがそんな時代でも、たくさんの支持と消費を生み出している商品があります。
例えば大人気アイドルユニット「AKB48」のCD。
会いに行けるアイドルを目指した彼女たちは、努力という名の物語を可視化し、CD収録で歌える権利をかけた投票券付のCDを販売することによって、大きな販売結果を生み出しました。

他にも、たくさんの人へ自分の思いを伝え、少額の支援金を募るクラウドファンディングなど、物語を可視化することで、成功している企業やサービスは多数存在します。

そんな物語を明確化することで価値をつくっている事例を分析し、情報氾濫の時代でも、たくさんの人に認知され、共感してもらえる「物語」の作り方を学びます。

 

<こんなあなたに受けてほしい>
・新しいWEBサービスをリリースしたが、ユーザーを思うように獲得できていない
・facebookページの「いいね!」が増えない
・自分のアツイ思いをたくさんの人に語っているけれども、思うように伝わっていない気がしている

詳細を開く
物を売るな、物語を売ろう
2012年12月20日公開
01:00:00