chevron_left 山崎亮のデザイン逆再生

山崎亮のデザイン逆再生

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 56

授業の概要

トップデザイナーの決断から実践知を学ぶ、現役デザイナーのための授業です。この授業は、制作における"重要な決断を下した分岐点"まで戻り、制作プロセスをリプレイします。

今回のデザインは「智頭町総合計画」です。行政と住民が垣根を越え、1つのコミュニティとなった智頭町。その始まりは町からの依頼でした。この過程に潜む問いと決定をリプレイします。

 

 

■先生
山崎 亮/studio-L代表 コミュニティデザイナー 社会福祉士
1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。
著書に『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』、『ケアするまちをデザインする(医学書院)』などがある。

 

※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。