4/12(Mon)

今日の生放送

勝てるデザイン

勝てるデザイン

次回の生放送

ダサいTシャツってどんなの?なにをもってダサいというのだろうか?

4 / 12 (月)

21:00 - 22:00

参加する

この生放送の内容

今回は、「ダサい」を解明してみましょう。
デザインではなにを基準に「ダサい」となるのでしょうか...?

■課題
授業当日までに、ダサいTシャツをつくってみましょう。
Tシャツの形にしてみても構いませんし、ノートなどにラフ画を描いていただいても構いません。
どんな形でも大丈夫です。それがなぜダサいのか、解明し言語化してみましょう。

この授業ではダサいものとダサくないものの境界線を学びます。
事前に取り組んでいただいた課題についてはTwitterで「#勝てるデザイン」をつけて投稿していただきますと、授業内で取り上げて前田先生からフィードバックをいただける可能性があります。
ぜひ「#勝てるデザイン」で課題を提出しましょう。
 

授業アジェンダ(予定)
・受講生の課題をみてみよう
・「ダサい」とはなにか

コース概要

昨年『鬼フィードバック in Schoo』で、受講生からのプロダクトを生放送でフィードバックする放送を全3回に渡って行ってくれた前田先生が新著を携えて戻ってきてくれました...!
その本のタイトルは...『勝てるデザイン』。

2016年に任天堂を退職されてから、独立しさまざまな発信を続けている中で見えてきた前田先生なりの「デザインの答え」。
クライアントを笑顔にし、仲間のモチベーションを上げ、デザインを受け取った人の心を動かす。そして自分自身もわくわくして心が動いている。
それが結果として、人を動かし、売上や集客、採用、受注等の数字につながっているとなると勝てるためのデザインとは「心が動く」こと。

そんなデザインを考える前田先生がなにを大事にしていて、どのようにしてデザインをつくっているのか。
そして「勝てるデザイン」を身につけるために必要なことを教えていただきます。

このコースでは、毎回授業の最後に次回のテーマについての課題があります。
一緒に取り組んで授業に参加することで、ぐっと「勝てるデザイン」に近づける構成になっておりますので、ぜひ一緒に取り組んでいきましょう。


株式会社NASU
前田デザイン室
前田高志note

 

著書:勝てるデザイン(幻冬舎)


【講師プロフィール】

前田高志

大阪芸術大学デザイン学科卒業後、任天堂株式会社へ入社。約15年プロモーションに携わったのち、父の病気をきっかけに独立を決意。2016年2月からNASU(ナス)という屋号でフリーランスとしてスタート。NASUとは、デザインで成(為)すの意。同年4月から専門学校HALにて非常勤講師に。2017年から大阪芸術大学非常勤講師に(現在はいずれも退任)。幻冬舎・箕輪厚介氏のオンラインサロン「箕輪編集室」でのデザインワークで注目を集めたのち、2018年、自身のコミュニティ「前田デザイン室」を設立。2018年、雑誌『マエボン』、2019年自身の集大成となる書籍『NASU本 前田高志のデザイン』を前田デザイン室として出版。前田デザイン室でのコミュニティ作りの経験を活かし、2019年10月よりNASUの新事業としてコミュニティ事業を開始する。 2020年1月よりレディオブック株式会社のクリエイティブディレクターに就任。NASUで手掛けた名刺が、レディオブックが「スクーデリア・フェラーリ」と日本企業として13年ぶりのパートナーシップ契約を結ぶきっかけとなる。 2021年3月17日にデザイン本『勝てるデザイン』を幻冬舎から出版。


担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

参加したい受講生 : 945

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

勝てるデザイン

2021年3月12日公開

60min.

今回は、前田先生がなぜこの本を書くに至ったのか、これまでのご経験をお話しいただいた上で、「勝てるデザイン」の中にはどんな要素が詰まっているのか教えていただきます。

第2回目以降の授業から具体的なスキルを一つずつ学んでいきますので、全体像を把握するガイダンスとなります。

質疑応答も設けておりますので、みなさんの迷いやお悩みをぜひ前田先生に相談してみてくださいね。

授業アジェンダ(予定)
・この本を書くに至ったきっかけ
・「勝てるデザイン」とはなにか
・このコースの活用方法

先生

前田 高志

これまで、大学と専門学校でデザインを教えてきました。今もSchooや前田デザイン室の中の一部のコンテンツで教えています。デザインの教育について考えることが多くなりました。書店の本棚を見ると、デザインの本は超一流の人の考え方の本か、初心者向けの本の両極端。僕みたいな人間がもがいてきた経験は様々なシーンに役立つはずです。もっと良いデザインをしたいというデザイナーのみなさんに少しでも「力」になれればとてもうれしいです。僕と一緒にもがき苦しみましょう。そして、みんなで「勝てるデザイン」を目指しましょう。

ダサいTシャツってどんなの?なにをもってダサいというのだろうか?

2021年4月12日公開

60min.

生放送4月12日(月) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

今回は、「ダサい」を解明してみましょう。
デザインではなにを基準に「ダサい」となるのでしょうか...?

■課題
授業当日までに、ダサいTシャツをつくってみましょう。
Tシャツの形にしてみても構いませんし、ノートなどにラフ画を描いていただいても構いません。
どんな形でも大丈夫です。それがなぜダサいのか、解明し言語化してみましょう。

この授業ではダサいものとダサくないものの境界線を学びます。
事前に取り組んでいただいた課題についてはTwitterで「#勝てるデザイン」をつけて投稿していただきますと、授業内で取り上げて前田先生からフィードバックをいただける可能性があります。
ぜひ「#勝てるデザイン」で課題を提出しましょう。
 

授業アジェンダ(予定)
・受講生の課題をみてみよう
・「ダサい」とはなにか

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ