chevron_left 研修の組み立て方 ‐ 設計・実施・評価

研修の組み立て方 ‐ 設計・実施・評価

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 37

授業の概要

この授業では、研修の入口から出口までを明確にした上で、研修担当者として「研修」や「学習」をどう実行するかについて学びます。


研修自体を効果・効率・魅力的にすることに加え、学んだことを職場で繰り返し実践して「業務で”できる”」を目指すための環境づくりも研修担当者の大切な仕事です。主に研修担当者が実行を担う「集合研修」の設計方法、職場における実践と成長の鍵を握る上司の巻き込みやフォローアップ方法、 人材育成のPDCAなどを、ビジネスインストラクショナルデザイン(BID)の考えを基に学んでいきます。

 


【サンライトヒューマンTDMC株式会社】

会社ホームページ https://www.slhtdmc.co.jp/

ビジネスインストラクショナルデザイン https://bizid.jp/

 

こんな人にオススメ

研修の一連のプロセスを学びたい人

授業紹介コメント

  • 森田 晃子
    先生

    森田 晃子

    「会社の教育をなんとかしたい!」「研修を効果的・効率的・魅力的に変えたい!」と思っている方は、ぜひご覧ください。BIDというフレームに沿って、ワークショップ形式で楽しく学んでいただける講座になっています。1つでも多くのヒントを持ち帰っていただけるように、1つずつ丁寧にお話させていただきます。
  • 石津 茉歩
    先生

    石津 茉歩

    社会人になって以来、当たり前のように教育研修を受けてきましたが、自分が提供する側になると、これまで気づかなかった難しさにたびたび直面します。本当に役に立つ教育研修を提供したい!という思いは提供側に共通していると思います。「役に立つ」教育研修をどのように設計するのか?皆様の現在の課題を思い浮かべつつ、本動画をヒントにしていただけたらうれしいです。