3/1(Mon)

今日の生放送

さかぐち たかのり

坂口 孝則

経営コンサルタント

大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。

坂口 孝則

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業では、各界の有識者の方をゲストにお迎えして、話題のビジネストピックについてどういう意見を持たれているのかをポジショントークしていただきます。 そして、その意見を基に受講生の皆さんとトピックの本質について討論をしていきます。 変化の激しい現代を生き抜くには、世の中で起きることに対して、受け身で接するだけではなく、能動的にその本質を考えていかなければいけません。 そのためにはネットやメディアの意見に左右されずに、しっかりとした自分の意見を持てるようになる必要があります。 有識者との討論を通して、今自分はどのように考えていくべきなのかを見極めていきましょう。 そうすれば、世の中の出来事に対して独自の意見を語ることが出来るようになります。

経済の法則で、自分だけの未来をひらく。 テレビ東京コミュニケーションズとSchooによる共同事業の一貫として制作する生放送番組『ギモンの法則』。 誰もが気になるギモンを毎週ピックアップ。 このギモンを、経済のプロフェッショナルが、経済の法則で紐解きます。 ・ビジネスからキャリア選択まで応用がきく経済の法則 ・今、知っておくべきビジネストレンド ・難しい経済学の考え方   等を、やさしく解説いただきます。 この授業に毎週参加することで、自信をもって自分の人生を選択できるようになりましょう。   ■アーカイブ無料公開中 第1回の録画授業を、無料公開中です。気になった方はご覧になってみてください。   ■番組と連動したオンラインサロンのご案内 この番組と連動した、有料のオンラインサロン『ギモンの法則サロン』を運営中です。 非公開のslackで活動しています。番組で学んだことをZoomを活用したグループディスカッションで実践したり、放送直後の番組ふりかえりトークを行っております。活動内容や参加方法は、下記の専用ページをご確認ください。 ▼オンラインサロン『ギモンの法則』 https://community.camp-fire.jp/projects/view/336763       ■わかりやすい解説に定評のある先生陣 テレビ・雑誌・書籍・YouTubeで活躍! わかりやすい解説に定評のあるプロフェッショナル達が、先生として毎週交代で出演します。(50音順) ○石田 健 / ニュース解説者/The HEADLINE編集長 ○坂口 孝則 / 経営コンサルタント ○渡辺 広明 / 流通アナリスト・流通ジャーナリスト・マーケティングアナリスト ○山口真一 / 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授   ■学び手 徳井 青空 声優・漫画家 声優、漫画家。千葉県出身。 主な出演作は「探偵オペラ ミルキィホームズ」譲崎ネロ役、「ラブライブ!」矢澤にこ役、「ご注文はうさぎですか?」マヤ役など。 漫画家としては「まけるな!!あくのぐんだん!」(全2巻)を連載。TVアニメ化も果たした。また、2018年12月には絵本「パンダの推しごと!」を発売。 その他にも、千葉県南房総市観光大使を務めるなど、声優・漫画家としてだけでなく、幅広く活動している。

悩める人のギモンを、経済の法則で解決。   毎週木曜よる9時から生放送。 本番組は、悩める人のギモンを経済の法則で解決します。 リアルなギモンから、世の中の仕組みを学びましょう。   (出演) 経済の先生・ギモン人(RIKIOH)・ゾフィー(上田航平・サイトウ ナオキ)・徳田葵(Schoo)   2月のギモン人 『よさこいチーム RIKIOH(りきおう)』 武蔵野市・三鷹市を中心に2003年より活動をスタートした「よさこいチーム RIKIOH」は、コロナ禍の中で練習の延期やお祭りの中止などの影響を受けました。メンバー不足や高齢化、非営利がゆえの難しさなど多くの課題を抱えていらっしゃいます。   2月のギモン 2月は、再起を目指す「よさこいチーム りきおう」が抱えるギモンを経済の法則で解決します。 <第1回> 2月  4日(木)21:00-22:00    ∟ なぜあのブランドは売れるのか?  先生:草間 淳哉│ブランディングウェブ戦略研究家 <第2回> 2月11日(木)21:00-22:00    ∟ なぜあのチームは高い成果を挙げるのか?  先生:坂口 孝則│経営コンサルタント <第3回> 2月18日(木)21:00-22:00    ∟ なぜSNSマーケティングは上手くいかないのか?  先生:山口真一│国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授 <第4回> 2月25日(木)21:00-22:00    ∟ 財政危機ってどのくらい深刻?  先生:田中 秀臣│経済学者 ※詳細は、各授業ページをご覧ください。 ※内容は変更となる場合がございます、予めご了承ください。   プロと学べる実践型問題解決サロン「ギモンの法則」 本サロンは、問題解決を学び、共に考え、実践する場です。 2月の学習テーマは『ブランド戦略のきほん』。 一ヶ月をかけて、ブランディング・マーケティングの専門家である草間 淳哉 氏と一緒に「RIKIOH」のブランド戦略を考えます。   サロン限定Zoomディスカッション <第1回> 2月10日(水)21:30-22:30    ∟ RIKIOHのメンバー像を考えよう <第2回> 2月17日(水)21:30-22:30    ∟ RIKIOHブランドを言語化しよう <第3回> 2月24日(水)21:30-22:30    ∟ 発信の方法を考えよう <第4回> 3月 3日(水)21:30-22:30    ∟ RIKIOHへ最終プレゼンテーション   オンラインサロンを担当する草間先生 株式会社ウェブエイト代表取締役社長・ブランディングウェブ戦略研究家 活動の詳細は、以下のページにてご確認ください。 https://community.camp-fire.jp/projects/view/336763   ▼サロン説明会・お試し会予約フォームhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSettQ9SDhEvJOsLs0qtF8KMBN75cgoKormMFTFxJJ7bXGshzA/viewform ▼授業アンケート(2月18日分) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd11ktfAFLvE8RqU8frYxrJri2ztXGi8hX_4WEHrs8PSqVUyA/viewform   聞き手 ゾフィー(上田航平・サイトウ ナオキ) グレープカンパニー所属のお笑いコンビ。演技力バツグンの技巧派コント師で、2017 年、2019年キングオブコント決勝進出、2019年NHK新人お笑い大賞準優勝と賞レースでも実績を上げている。上田は、慶応義塾大学法学部政治学科卒業の頭脳派で、ネタ作りを担当。 サイトウは、居酒屋の社長も務めている   本番組は、テレビ東京コミュニケーションズとSchooによる共同事業の一貫として制作しています。 『ギモンの法則』第1シーズン(全14回)第1回を無料公開中!

「ギモンの法則」は、課題解決力の鍛錬を目的にした学習サービスです。 一ヶ月をかけて、実在する人や企業が抱える課題を解決するアイディアを考えます。 そこで、課題解決の4人スペシャリストと学ぶ授業(全4回)とワークショップ(全4回)を実施します。 知っているけど使いこなせなかった課題解決のやりかたを学ぶことで、仕事の進め方に関する悩みを減らし、仕事を効率化しましょう。   (出演) 課題解決のスペシャリスト・上田航平(ゾフィー)・サイトウ ナオキ(ゾフィー/ギモンビト)・徳田葵(Schoo)     3月のギモンビト 『町田で営む居酒屋 やまよこ鮮魚店』 コロナ禍の中で、飲食業界は苦しい決断に迫られました。 お笑いコンビ「ゾフィー」サイトウさんが経営する居酒屋「やまよこ鮮魚店」は、借金4000万円を抱え、3店舗中2店舗を閉鎖する苦渋の決断をなさいました。しかし、お店一丸となりテイクアウトやデリバリー商品を開発し、前向きに挑戦し続けていらっしゃいます。 3月のギモンの法則は、居酒屋「やまよこ鮮魚店」さまの再建アイディアを真剣に検討します     全4回の授業 <第1回> 3月  4日(木)21:00-22:00    ∟ 何から始めたらいいかわかる「課題設定の方法」  先生:坂口 孝則│経営コンサルタント <第2回> 3月11日(木)21:00-22:00    ∟ 発想に驚かれる「課題解決アイディアをたくさん生み出す法則」  先生:今井 健太郎│戦略コンサルタント  <第3回> 3月18日(木)21:00-22:00    ∟ 企画倒れにならない「アイディア具体化の方法」  先生:塚原 美樹│株式会社ヒューマン・リスペクト 代表取締役 <第4回> 3月25日(木)21:00-22:00    ∟ 迷わなくなる「優先順位の決め方」  先生:五嶋 一人│iSGSインベストメントワークス 代表取締役/代表パートナー   ※詳細は、各授業ページをご覧ください。 ※内容は変更となる場合がございます、予めご了承ください。       全4回のワークショップ <第1回> 3月10日(水)21:30-22:30    ∟ やまよこ鮮魚店が解決すべき真の課題を見つけよう  先生:坂口 孝則│経営コンサルタント <第2回> 3月17日(水)21:30-22:30    ∟ やまよこ鮮魚店のための課題解決アイディアをたくさん考えよう  先生:今井 健太郎│戦略コンサルタント <第3回> 3月24日(水)21:30-22:30    ∟ アイディアをもとに、やまよこ鮮魚店の具体的な取組みを考えよう  先生:塚原 美樹│株式会社ヒューマン・リスペクト 代表取締役 <第4回> 3月31日(水)21:30-22:30    ∟ やまよこ鮮魚店の新たな取組みに優先順位をつけよう  先生:五嶋 一人│iSGSインベストメントワークス 代表取締役/代表パートナー   参加方法の詳細につきましては、以下のリンクよりご確認くださいませ。 https://community.camp-fire.jp/projects/view/336763   ※本番組は、テレビ東京コミュニケーションズとSchooによる共同事業の一貫として制作しています。     過去シリーズのご紹介  第1シーズン(全14回)→第1回を無料公開中! 第2シーズン(全4回)  

担当の授業一覧 全7授業

生放送(無料) 何から始めたらいいかわかる「課題設定の方法」

第1回 何から始めたらいいかわかる「課題設定の方法」 (60分)

2021年3月4日生放送予定

「ギモンの法則」は、課題解決力の鍛錬を目的にした学習サービスです。 一ヶ月をかけて、実在する人や企業が抱える課題を解決するアイディアを考えます。 そこで、課題解決の4人スペシャリストと学ぶ授業(全4回)とワークショップ(全4回)を実施します。   <テーマ> 何から始めたらいいかわかる「課題設定の方法」 どんな仕事も課題設定で、すべてが決まると言われます。たくさんある問題の中から真に解決すべき課題を定め、求められる成果になるべく早くたどり着けるようになりましょう。   ・目標の設定する方法 ・課題を洗い出す方法     <担当する先生> 坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。

なぜあのチームは高い成果を挙げるのか?

第2回 なぜあのチームは高い成果を挙げるのか?(60分)

2021年2月11日放送

2月は「再起を目指すよさこいチームが抱えるギモン」を、経済の法則で解決します。   <ギモン> なぜあのチームは高い成果を挙げるのか? よさこいチーム RIKIOHは、チームの停滞感に悩んでいます。 チーム発足して17年、代表も代替わりし、メンバーも入れ替わりながら活動を続けています。 そこで生まれた漠然とした閉塞感と追い打ちをかけるようなコロナ禍の影響。 なぜチームには停滞感が生まれるでしょうか、またどうすれば、チームを活発にし、高い成果を挙げることができるのでしょうか。 ※内容は変更となる場合がございます。ご了承くださいませ。   <担当する先生> 坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。    

なぜ三日坊主は辞められないのか?

第13回 なぜ三日坊主は辞められないのか?(60分)

2021年1月20日放送

1月の特集テーマ:「変えるべきなのに変わらないもの」 <今週のギモン> 「なぜ三日坊主は辞められないのか?」 この授業では、自分で変わりたいと思っていても変われない理由を考えます。 新年1月になると誰もが、目標と計画を設定し、変化した理想の自分を思い描きます。しかしいざ普段の生活がスタートすると計画がとたんに崩れてしまう。誰もが一度は「三日坊主」を経験したことがあると思います。2021年こそは、理想の自分を目指して、変化しましょう。 世の中のギモンを経済の法則で紐解く『ギモンの法則』の第13回は、「自分を変える法則」を学びます。 ※テーマは予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。   <担当する先生> 坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超え    

なぜ会社は売上を伸ばし続ける必要があるのか?

第9回 なぜ会社は売上を伸ばし続ける必要があるのか?(60分)

2020年12月23日放送

<今週のギモン> 「なぜ会社は売上を伸ばし続ける必要があるのか?」   資本主義の世界で生きるということ この授業では、資本主義の原理原則を学ぶことで、会社はどのような基準で物事を判断しているのか、その根本理解を目指します。 そもそも、なぜ私たちは仕事で課せられた目標を達成しなければならないのでしょうか。なぜ現状維持ではなく、成長し続けなければならないのでしょうか。一見すると当たり前にも思えるこの問いを答えるためには、資本主義や経営の仕組みを理解する必要があります。 ビジネスにおけるすべての判断基準とも言えるこれらの法則を学ぶことで、理解できない経営方針も納得いかない上司からの指示も、その意図が見えてきます。 世の中のギモンを経済の法則で紐解く『ギモンの法則』の第9回は、今さら聞けない資本主義のきほんと会社経営について学びます。   ▼授業の流れ 1.資本主義の宿命 2.社員のモチベーションと幸福 3.資本主義の限界を知る   ▼こんな人におすすめ ・現状の仕事や生活を根本から見直し、人生を選択したい人 ・会社経営へより近い仕事に携わりたいと考えている人 ※テーマは予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。   <担当する先生>    坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。 <学び手> 徳井 青空 声優・漫画家   広野 萌 一般社団法人デザインシップ 代表理事 早稲田大学文化構想学部卒。 2014年、ヤフー株式会社入社。 2015年、オンライン証券「FOLIO」を共同創業。Chief Design Officerに就任。 2018年、一般社団法人デザインシップ設立。代表理事に就任。 法律・医療・自動運転・エンタメなど幅広い業界の新規事業立ち上げ・デザインを支援。  

なぜ会社は変われないのか?

第7回 なぜ会社は変われないのか?(60分)

2020年12月9日放送

<今週のギモン> 「なぜ会社は変われないのか?」   毎年のように「今年が正念場」って聞いている気がする。   この授業では、社会も社長も社員も変わりたくても、変化することのできない理由をイノベーションの原則や企業が抱える事情から紐解きます。 「企業は30年で陳腐化する」という意見があります。この意見自体は諸説あり、30年経てば企業が必ず倒産するわけではありません。しかし、一つ確実に言えることは「長寿の会社は変化している」ということです。 多くの企業が「イノベーション」を求め、あなたの職場が「働き方改革」を推進しようとするのに、なぜ変わることは難しいのでしょうか。 世の中のギモンを経済の法則で紐解く『ギモンの法則』の第7回は、企業の変化を阻む根本的な原因を考えます。   ▼授業の流れ 1.企業が変革しなければならない社会背景 2.イノベーション・企業・組織の法則 3.変わりたい企業が、すべきこと   ▼こんな人におすすめ ・新しい挑戦やヒット商品が生まれない自社の現状に不安を感じている人 ・なかなか変化できない職場の停滞感にモヤモヤしている人   ※テーマは予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。   <担当する先生>   坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。   <学び手> 徳井 青空 声優・漫画家   <特別ゲスト> 山本 正喜 Chatwork株式会社 代表取締役CEO 電気通信大学情報工学科卒業。大学在学中に兄と共に、EC studio(現Chatwork株式会社)を2000年に創業。以来、CTOとして多数のサービス開発に携わり、Chatworkを開発。2011年3月にクラウド型ビジネスチャット「Chatwork」の提供開始。2018年6月、当社の代表取締役CEOに就任。2019年9月、東証マザーズへの上場を果たす。

無料公開中 なぜ私たちは働きすぎるのか?

第1回 なぜ私たちは働きすぎるのか?(60分)

2020年10月26日放送

<今週のギモン> 「なぜ私たちは働きすぎるのか?」   働き方改革が推奨されているものの、あなたの働き方は「改革」されましたか? この授業では、雇用の形態や、企業間取引の仕組み、日本産業発展の歴史から、働くことと給与を得ることの法則に迫ります。 私達は働くことで、企業からお金を得ています。そもそもこの給料とは、どこから"生まれる"のでしょうか。企業は社員に対し、何の見返りとして給料を支払っているのでしょうか。 「欧米と比べて日本人は働きすぎる」と言われますが、これは日本人の勤勉さによるものではありません。これが契約や企業の取引の仕組みによって引き起こされていることであるとすれば、その仕組みを知らなければ、働き方は変わりません。 世の中のギモンを経済の法則で紐解く『ギモンの法則』の第1回は「働くことと対価」の仕組みに迫ります。   ▼授業の流れ 1.労働と雇用形態 2.企業間取引の原理原則 3.損益計算のしくみと外部調達費   ▼こんな人におすすめ ・働いても働いても仕事で評価されていない気がする方 ・生産性向上といえど、現実味がないくらい働いている方   ※テーマは予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。 <担当する先生> 坂口 孝則 経営コンサルタント 大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。   <学び手> 徳井 青空 声優・漫画家