7/4(Sat)

今日の生放送

おおつか ゆうすけ

大塚 雄介

コインチェック株式会社 専門役員

早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社に参画(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。2014年2月に取締役に就任。 2018年4月にコインチェック株式会社がマネックスグループ株式会社の子会社となると同時に執行役員に就任し、マーケティング・事業開発などを統括する。その後、2020年1月より専門役員に就任し、仮想通貨の啓蒙や業界のトレンドに関する解説などの活動を行う。また、2019年4月よりマネックスグループ株式会社の執行役員も務める。

大塚 雄介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

WEBサービスを展開するベンチャー企業の多くが取り組み、かつ頭を悩ませる「グロースハック」。日々是改善の世の中で、わたしたちのようなベンチャー企業で働く人たちが一体どんなグロースハックを実践しているのか。 今回の授業では、モノを売らないフリーマーケット『ココナラ』のデザイナーをしているわたしと、『STORYS.JP』のCMO、大塚雄介さんの二人で、「サービスデザインとグロースハック」をテーマにディスカッション授業を行いたいと思います。 もちろん、ここでお話しすることがすべてのベンチャー企業やWEBサービスに当てはまることではありませんが、わたしたちのお話が、みなさんがWEBサービスのグロースを考える際に何かしらの手助けになれば幸いです。 また、このディスカッションは、わたしたちだけで話を進めるのではなく、授業中に投稿いただくみなさんの意見も積極的に盛り込んでいきますので、気軽にチャット投稿を行ってください。 【ディスカッションテーマ(予定)】 ・各社の実践するグロースハックとは? ・グロースハックは、どんなチーム構成で行っている? ・グロースハックの成功例/失敗例 ・もし、自分が他社のデザイナーだったらどんな施策を打つ?もしくは、どんなデザインにする? ・普段サービスデザインやグロースハックを行う上で参考にしているサイトやサービスは? ・皆さんの考える、サービスデザインとは? etc...

近年、バズワード的に注目されているユーザーエクスペリエンス(以下、UX)や、ユーザーインターフェイス(以下、UI)。これらの言葉の注目度とともに、その分野を担えるデザイナーのニーズが各所で考としています。それとともに、デザイナーにも、幅広い知識や高い技術力が求められています。 その点において顕著なのが、スタートアップ企業で働くデザイナーかも知れません。多くの場合は、少数精鋭で行うために、デザイナーに求められるスキルセットも様々です。 そこで、今回の授業では、実際に『ココナラ』のデザイナーとして働くわたしと、『STORYS.JP』のCMO、大塚雄介さんの二人で、「ベンチャー企業が求めるデザイナーのスキルセット」をテーマにディスカッション授業を行いたいと思います。 もちろん、ここでお話しすることがすべてのベンチャー企業やWEBサービスに当てはまることではありませんが、わたしたちのお話を通して、ベンチャー企業への転職を考えるデザイナーさんや、逆にデザイナーの採用を考えるベンチャー企業の方々、そしてすべてのデザイナーさんに、デザイナーという仕事やこれから求められるスキルについて考える際の手助けになれば幸いです。 また、このディスカッションは、わたしたちだけで話を進めるのではなく、授業中に投稿いただくみなさんの意見も積極的に盛り込んでいきますので、気軽にチャット投稿を行ってください。 【ディスカッションテーマ(予定)】 ・どうしてベンチャーのデザイナーになったのか? ・ベンチャーでのデザイナーの役割は? ・ベンチャーデザイナーに求められるスキルセットは他とは違う? ・ベンチャーデザイナーとして楽しい点/苦しい点は? ・ベンチャーデザイナー、ぶっちゃけおすすめ? ・これから、デザイナー全体に求められるスキルは変わる? etc...

IT業界で働いている人向けに「ビットコインとは何か」「普及すると何が変わるのか」「今どんな問題点があるのか」をわかりやすくご説明いただく授業です。後半には質疑応答の時間も用意しています。

ものすごい勢いで普及しているビットコインは、キャッシュレス決済としての機能だけでなく、投資先としても注目を集めています。そこで本授業では毎月第1火曜日に、過去一ヶ月の価格変動を観測・分析します。定期的にこの授業に参加し、相場を分析する力を身に着けましょう。最先端の仮想通貨をひも解くことで、世の中の動きを掴みます。 ■どんなことをするのか ・過去一ヶ月の価格推移グラフを見ながら、その特徴と要因を分析します ・ビットコイン関連のニュースを解説します ・先生の話を聞くだけでなく、受講生もコメントで議論に参加しましょう ■ビットコインとは 世界共通で使えるデジタルのお金です。お金の役割である保存・尺度・媒介の機能をより便利な形で実現しています。もっと詳しいことを学びたい人は、以前放送した授業で予習しておきましょう。本企画と同じコインチェック株式会社の大塚先生が、ビットコインの基本をわかりやすく説明しています。 2016/5/27放送『今さら聞けない「ビットコイン」とは何か』 また、ビットコインだけでなく、ブロックチェーンやフィンテックといった、より広いことを学びたい人は、大塚先生の著書『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』で勉強しましょう。  

“お金”の周りにある変化、そこから生まれる次の当たり前とは。 今様々なテクノロジー・サービス・仕組みが連続的に生まれている領域。 それが「お金」の領域です。 私達人類は、物々交換の時代を経て、貨幣制度から様々な経済的進化を遂げてきました。 インターネットという大きなうねりが、その変化をどのように加速させていくのか。 それは私達の生活をどのように変えていくのか。 あなたは今、何をしておかなければならないのか。 十分な金融リテラシー・お金のことを教わらずに育ってしまう国、日本に生まれた私達だからこそ、 お金とお金の未来についてしっかり学び続ける必要があります。 この授業ではまさに新しいうねりを作っている当事者にお越しいただき、 オンライン受講生参加型のディスカッション形式で「これからのお金の話」を進めていきます。 あなたが感じる不安・不便・期待など、どんどん投稿してみてください。 皆でお金について考える60分をつくっていきましょう。 あなたと一緒にこれからのお金を考える“先生” ■先生 光本勇介 氏 株式会社バンク 代表取締役兼CEO 2008年10月、最短2分でオンラインストアを作れるサービス『STPOES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)』を運営するブラケットを創業し、2013年8月にZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイへ売却。2016年10月にスタートトゥデイ社に対しMBO実施、ブラケット社の取締役会長に就任。 2017年2月に株式会社バンクを創業、同年6月に目の前のアイテムを瞬間的にキャッシュに変えられるアプリ『CASH(キャッシュ)』をリリース。 ■先生 木村新司 氏 AnyPay株式会社 代表取締役 投資家として株式会社 Gunosy 創業に関与、 共同最高経営責任者(CEO)を務める。同社上場(2015 年 4 月)。 Gunosy 共同 最高経営責任者(CEO)退任後、個人投資家として、 数十社のスタートアップ・ベンチャーに投資。2016 年 6 月に AnyPay 株式会社を設立。 ※今回はSkypeでの出演となります ■先生 大塚雄介 氏 コインチェック株式会社 取締役 COO ■先生 北澤直 氏 株式会社お金のデザイン 取締役 COO モルガン・スタンレー証券に投資銀行員として6年間在籍し、不動産部門の成長に貢献。それ以前は弁護士として6年間、日本とNYにて金融・不動産関連の法律業務を手がける。弁護士(日本法(第一東京弁護士会)NY州法)共著に『ロボアドバイザーの資産運用革命』(金融財政事情研究会)一般社団法人FinTech協会理事

ものすごい勢いで普及しているビットコインは、キャッシュレス決済としての機能だけでなく、投資先としても注目を集めています。そこで本授業では毎月第1火曜日に、過去1ヶ月の価格変動を観測・分析します。定期的にこの授業に参加し、相場を分析する力を身に着けましょう。最先端の仮想通貨をひも解くことで、世の中の動きを掴みます。 ■どんなことをするのか ・過去一ヶ月の価格推移グラフを見ながら、その特徴と要因を分析します ・ビットコイン関連のニュースを解説します ・先生の話を聞くだけでなく、受講生もコメントで議論に参加しましょう ■ビットコインとは 世界共通で使えるデジタルのお金です。お金の役割である保存・尺度・媒介の機能をより便利な形で実現しています。もっと詳しいことを学びたい人は、以前放送した授業で予習しておきましょう。本企画と同じコインチェック株式会社の大塚先生が、ビットコインの基本をわかりやすく説明しています。 2016/5/27放送『今さら聞けない「ビットコイン」とは何か』 また、ビットコインだけでなく、ブロックチェーンやフィンテックといった、より広いことを学びたい人は、大塚先生の著書『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』で勉強しましょう。 ■過去放送分 ビットコイン定点観測分析(2017年6月・7月・8月)

暗号資産(仮想通貨)やデジタル通貨、誰もが1度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。 そういった仮想通貨やデジタル通貨が一般的に広まるのはまだまだ先の話しでしょ? と思っていたかもしれません。 しかし2020年現在、お金の価値や変化が想像以上に早く世の中に広まっています。 数年先に起こると予測されていたデジタル化やオンライン化が急速に進められ、私たちの身近なお金も変わりはじめています。 本番組では、IoV(Internet of Value)、価値のインターネット時代の立役者となるであろう、仮想通貨やデジタル通貨が「一体どようなもの」で、私たちの生活に「どういった影響をもたらすのか」、これまでの進化の過程を振り返りつつ、仮想通貨業界の第一線を走ってきたコインチェック株式会社の共同創業者で専門役員の大塚雄介先生とIoVの時代の生き方について一緒考えていきます。  ビジネスや暮らしとの関わりを断つことができない「お金」 私たちがこれから未来を選択する上でも重要なことに変わりありません。 受講生のみなさんと「お金の価値の変化」について理解を深める授業を目指していきます。     ■講師 大塚 雄介 先生 コインチェック株式会社 専門役員 早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社に参画(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。2014年2月に取締役に就任。 2018年4月にコインチェック株式会社がマネックスグループ株式会社の子会社となると同時に執行役員に就任し、マーケティング・事業開発などを統括する。その後、2020年1月より専門役員に就任し、仮想通貨の啓蒙や業界のトレンドに関する解説などの活動を行う。また、2019年4月よりマネックスグループ株式会社の執行役員も務める。

担当の授業一覧 全12授業

ベンチャーのデザイナーに求められるスキルセットとは?【デザイナーディスカッション】

第1回 ベンチャーのデザイナーに求められるスキルセットとは?【デザイナーディスカッション】(60分)

2014年2月23日放送

近年、バズワード的に注目されているユーザーエクスペリエンス(以下、UX)や、ユーザーインターフェイス(以下、UI)。これらの言葉の注目度とともに、その分野を担えるデザイナーのニーズが各所で考としています。それとともに、デザイナーにも、幅広い知識や高い技術力が求められています。 その点において顕著なのが、スタートアップ企業で働くデザイナーかも知れません。多くの場合は、少数精鋭で行うために、デザイナーに求められるスキルセットも様々です。 そこで、今回の授業では、実際に『ココナラ』のデザイナーとして働くわたしと、『STORYS.JP』のCMO、大塚雄介さんの二人で、「ベンチャー企業が求めるデザイナーのスキルセット」をテーマにディスカッション授業を行いたいと思います。 もちろん、ここでお話しすることがすべてのベンチャー企業やWEBサービスに当てはまることではありませんが、わたしたちのお話を通して、ベンチャー企業への転職を考えるデザイナーさんや、逆にデザイナーの採用を考えるベンチャー企業の方々、そしてすべてのデザイナーさんに、デザイナーという仕事やこれから求められるスキルについて考える際の手助けになれば幸いです。 また、このディスカッションは、わたしたちだけで話を進めるのではなく、授業中に投稿いただくみなさんの意見も積極的に盛り込んでいきますので、気軽にチャット投稿を行ってください。 【ディスカッションテーマ(予定)】 ・どうしてベンチャーのデザイナーになったのか? ・ベンチャーでのデザイナーの役割は? ・ベンチャーデザイナーに求められるスキルセットは他とは違う? ・ベンチャーデザイナーとして楽しい点/苦しい点は? ・ベンチャーデザイナー、ぶっちゃけおすすめ? ・これから、デザイナー全体に求められるスキルは変わる? etc...

ベンチャー企業が実践するグロースハック術【デザイナーディスカッション】

第1回 ベンチャー企業が実践するグロースハック術【デザイナーディスカッション】(60分)

2014年2月23日放送

WEBサービスを展開するベンチャー企業の多くが取り組み、かつ頭を悩ませる「グロースハック」。日々是改善の世の中で、わたしたちのようなベンチャー企業で働く人たちが一体どんなグロースハックを実践しているのか。 今回の授業では、モノを売らないフリーマーケット『ココナラ』のデザイナーをしているわたしと、『STORYS.JP』のCMO、大塚雄介さんの二人で、「サービスデザインとグロースハック」をテーマにディスカッション授業を行いたいと思います。 もちろん、ここでお話しすることがすべてのベンチャー企業やWEBサービスに当てはまることではありませんが、わたしたちのお話が、みなさんがWEBサービスのグロースを考える際に何かしらの手助けになれば幸いです。 また、このディスカッションは、わたしたちだけで話を進めるのではなく、授業中に投稿いただくみなさんの意見も積極的に盛り込んでいきますので、気軽にチャット投稿を行ってください。 【ディスカッションテーマ(予定)】 ・各社の実践するグロースハックとは? ・グロースハックは、どんなチーム構成で行っている? ・グロースハックの成功例/失敗例 ・もし、自分が他社のデザイナーだったらどんな施策を打つ?もしくは、どんなデザインにする? ・普段サービスデザインやグロースハックを行う上で参考にしているサイトやサービスは? ・皆さんの考える、サービスデザインとは? etc...