9/24(Mon)

今日の生放送

くらぬき よしひと

倉貫 義人

株式会社ソニックガーデン 代表取締役

1974年京都生まれ。1999年立命館大学大学院を卒業し、TIS(旧東洋情報システム)に入社。 2003年に同社の基盤技術センターの立ち上げに参画。2005年に社内SNS「SKIP」の開発と社内展開、その後オープンソース化を行う。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー「SonicGarden」を立ち上げる。 2011年にTIS株式会社からのMBOを行い、株式会社ソニックガーデンの創業を行う。 モットーは「心はプログラマ、仕事は経営者」。 ブログ: http://kuranuki.sonicgarden.jp/ Twitter: @kuranuki

倉貫 義人

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

大きな組織で沢山の量をこなすのは当たり前のことで、あまりクールではありません。少ない人数でも大きな成果を出すには、スピードをあげることと、そのためにも無駄をなくすことがポイントになってきます。 ウェブサービスを実現するソフトウェアを開発するにあたって、最も大切なことは「保守性」です。 リリースして終わりではなく、リリースしてからは、新しい機能を追加していくことや、ユーザからの反応にあわせて機能を改修していくことなど、ソフトウェアをずっと直していくことになります。そのソフトウェアの「直しやすさ」が「保守性」と呼ばれます。 少ない人数のチームで、いかにコストをかけずに、効率的に、しかも保守性の高いソフトウェアを開発するにはどうすればいいか。 今回の授業では、私たちの会社ソニックガーデンで行っているソフトウェア開発の方法と、使っているツールについて紹介します。 その方法は、一般的にはアジャイルやリーンと呼ばれるようなやり方に近いかもしれません。それよりも、より本質的で、実際に現場で実践していることをもとに紹介したいと思います。 対象者は、チームでソフトウェア開発をしているエンジニアやディレクターになります。この授業を受けることで、ビジネス要件に応えるためのチームでのソフトウェア開発の肝を学ぶことができます。

この授業では、ウェブサービスやアプリの開発に携わる新人エンジニアの方を対象に、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例を元に学ぶことが出来ます。 イマドキのウェブサービスやアプリのソフトウェア開発においては、昔からあるようなウォーターフォール型の開発プロセスでは、フィットしなくなってきています。特に、インターネットを通じてユーザを拡大していく場合、最初に要件定義したものをリリースさえすれば良いかというとそんなことはなく、ユーザに提供を開始してからが本番で、そこからの改修が重要になってきます。 そうした状況で、早い段階でユーザに提供を開始しながらも、改修にかかるコストを一定に保ちつつ、ソフトウェアを進化させていきたい場合には「アジャイル開発」が有効です。それは、ただ繰り返しで開発をすれば良いというものではありません。うまく進めるためには、それなりのポイントがあります。 そこで本授業では、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例をもとに経験から得たポイントを紹介するとともに、ウェブサービスなどの現場でのアジャイル開発のエンジニアに求められる姿勢についても考えてみたいと思います。

担当の授業一覧 全2授業

新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発

第1回 新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発(60分)

2014年1月27日放送

この授業では、ウェブサービスやアプリの開発に携わる新人エンジニアの方を対象に、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例を元に学ぶことが出来ます。 イマドキのウェブサービスやアプリのソフトウェア開発においては、昔からあるようなウォーターフォール型の開発プロセスでは、フィットしなくなってきています。特に、インターネットを通じてユーザを拡大していく場合、最初に要件定義したものをリリースさえすれば良いかというとそんなことはなく、ユーザに提供を開始してからが本番で、そこからの改修が重要になってきます。 そうした状況で、早い段階でユーザに提供を開始しながらも、改修にかかるコストを一定に保ちつつ、ソフトウェアを進化させていきたい場合には「アジャイル開発」が有効です。それは、ただ繰り返しで開発をすれば良いというものではありません。うまく進めるためには、それなりのポイントがあります。 そこで本授業では、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例をもとに経験から得たポイントを紹介するとともに、ウェブサービスなどの現場でのアジャイル開発のエンジニアに求められる姿勢についても考えてみたいと思います。

どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか

第1回 どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか(60分)

2013年3月21日放送

大きな組織で沢山の量をこなすのは当たり前のことで、あまりクールではありません。少ない人数でも大きな成果を出すには、スピードをあげることと、そのためにも無駄をなくすことがポイントになってきます。 ウェブサービスを実現するソフトウェアを開発するにあたって、最も大切なことは「保守性」です。 リリースして終わりではなく、リリースしてからは、新しい機能を追加していくことや、ユーザからの反応にあわせて機能を改修していくことなど、ソフトウェアをずっと直していくことになります。そのソフトウェアの「直しやすさ」が「保守性」と呼ばれます。 少ない人数のチームで、いかにコストをかけずに、効率的に、しかも保守性の高いソフトウェアを開発するにはどうすればいいか。 今回の授業では、私たちの会社ソニックガーデンで行っているソフトウェア開発の方法と、使っているツールについて紹介します。 その方法は、一般的にはアジャイルやリーンと呼ばれるようなやり方に近いかもしれません。それよりも、より本質的で、実際に現場で実践していることをもとに紹介したいと思います。 対象者は、チームでソフトウェア開発をしているエンジニアやディレクターになります。この授業を受けることで、ビジネス要件に応えるためのチームでのソフトウェア開発の肝を学ぶことができます。