7/3(Fri)

今日の生放送

くらぬき よしひと

倉貫 義人

株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長

大手SIerにて経験を積んだのち、社内ベンチャーを立ち上げる。2011年にMBOを行い、株式会社ソニックガーデンを設立。月額定額&成果契約で顧問サービスを提供する「納品のない受託開発」を展開。全社員リモートワーク、オフィスの撤廃、管理のない会社経営など新しい取り組みも行っている。著書に『ザッソウ 結果を出すチームの習慣』『管理ゼロで成果はあがる』『「納品」をなくせばうまくいく』など。ブログ https://kuranuki.sonicgarden.jp/

倉貫 義人

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

大きな組織で沢山の量をこなすのは当たり前のことで、あまりクールではありません。少ない人数でも大きな成果を出すには、スピードをあげることと、そのためにも無駄をなくすことがポイントになってきます。 ウェブサービスを実現するソフトウェアを開発するにあたって、最も大切なことは「保守性」です。 リリースして終わりではなく、リリースしてからは、新しい機能を追加していくことや、ユーザからの反応にあわせて機能を改修していくことなど、ソフトウェアをずっと直していくことになります。そのソフトウェアの「直しやすさ」が「保守性」と呼ばれます。 少ない人数のチームで、いかにコストをかけずに、効率的に、しかも保守性の高いソフトウェアを開発するにはどうすればいいか。 今回の授業では、私たちの会社ソニックガーデンで行っているソフトウェア開発の方法と、使っているツールについて紹介します。 その方法は、一般的にはアジャイルやリーンと呼ばれるようなやり方に近いかもしれません。それよりも、より本質的で、実際に現場で実践していることをもとに紹介したいと思います。 対象者は、チームでソフトウェア開発をしているエンジニアやディレクターになります。この授業を受けることで、ビジネス要件に応えるためのチームでのソフトウェア開発の肝を学ぶことができます。

この授業では、ウェブサービスやアプリの開発に携わる新人エンジニアの方を対象に、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例を元に学ぶことが出来ます。 イマドキのウェブサービスやアプリのソフトウェア開発においては、昔からあるようなウォーターフォール型の開発プロセスでは、フィットしなくなってきています。特に、インターネットを通じてユーザを拡大していく場合、最初に要件定義したものをリリースさえすれば良いかというとそんなことはなく、ユーザに提供を開始してからが本番で、そこからの改修が重要になってきます。 そうした状況で、早い段階でユーザに提供を開始しながらも、改修にかかるコストを一定に保ちつつ、ソフトウェアを進化させていきたい場合には「アジャイル開発」が有効です。それは、ただ繰り返しで開発をすれば良いというものではありません。うまく進めるためには、それなりのポイントがあります。 そこで本授業では、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例をもとに経験から得たポイントを紹介するとともに、ウェブサービスなどの現場でのアジャイル開発のエンジニアに求められる姿勢についても考えてみたいと思います。

コロナ感染予防対策の一環で一気にリモートワークが叫ばれるようになりました。スクーのBridge the GAPでは「リモートワークはこれからのスタンダードになるのか?」を放送したくさんの方に受講いただきました。授業中にもリモートワークにトライした事例や、悩みを共有いただきました。 これまで日本では、国土が狭くリモートワークの必然性が低かったですが、リモートワークをせざるを得ない状況を一度経験したことによって、リモートワークでの様々なトライが各社・個々人で行われています。 更にリモートワークに限らず、社内ミーティングや研修、商談や採用面接までオンライン化したことによって、「あれ?なんでオフラインでわざわざ集まっていたんだっけ?」という想いが立ち上がってきます。コロナ対策でのリモートワークが解除されたあとでも、リモートワークを一度経験してしまった従業員と、リモートワークでは管理が難しいと感じている雇用者側での軋轢が生まれ人材の流動性が高まると考えられます。 世の中が最適解を探している中で、アフターコロナを目指してリモートワークで日本の生産性を向上させるための導入指南授業を開講致します。 『リモートワークはこれからのスタンダードになるのか?』にもご登壇いただいたソニックガーデンの倉貫先生にご出演いただきます。 「リモートチーム」というマネジメントを提唱され『リモートチームでうまくいく マネジメントの“常識”を変える新しいワークスタイル』の著者でもある倉貫先生と、成果につながるリモートワークとそのやり方について学んでいきましょう。 この授業の先生 倉貫 義人先生 大手SIerにて経験を積んだのち、社内ベンチャーを立ち上げる。2011年にMBOを行い、株式会社ソニックガーデンを設立。月額定額&成果契約で顧問サービスを提供する「納品のない受託開発」を展開。全社員リモートワーク、オフィスの撤廃、管理のない会社経営など新しい取り組みも行っている。著書に『ザッソウ 結果を出すチームの習慣』『管理ゼロで成果はあがる』『「納品」をなくせばうまくいく』など。ブログ https://kuranuki.sonicgarden.jp/

担当の授業一覧 全5授業

新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発

第1回 新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発(60分)

2014年1月27日放送

この授業では、ウェブサービスやアプリの開発に携わる新人エンジニアの方を対象に、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例を元に学ぶことが出来ます。 イマドキのウェブサービスやアプリのソフトウェア開発においては、昔からあるようなウォーターフォール型の開発プロセスでは、フィットしなくなってきています。特に、インターネットを通じてユーザを拡大していく場合、最初に要件定義したものをリリースさえすれば良いかというとそんなことはなく、ユーザに提供を開始してからが本番で、そこからの改修が重要になってきます。 そうした状況で、早い段階でユーザに提供を開始しながらも、改修にかかるコストを一定に保ちつつ、ソフトウェアを進化させていきたい場合には「アジャイル開発」が有効です。それは、ただ繰り返しで開発をすれば良いというものではありません。うまく進めるためには、それなりのポイントがあります。 そこで本授業では、「アジャイル開発」についての概要と、実際の事例をもとに経験から得たポイントを紹介するとともに、ウェブサービスなどの現場でのアジャイル開発のエンジニアに求められる姿勢についても考えてみたいと思います。

どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか

第1回 どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか(60分)

2013年3月21日放送

大きな組織で沢山の量をこなすのは当たり前のことで、あまりクールではありません。少ない人数でも大きな成果を出すには、スピードをあげることと、そのためにも無駄をなくすことがポイントになってきます。 ウェブサービスを実現するソフトウェアを開発するにあたって、最も大切なことは「保守性」です。 リリースして終わりではなく、リリースしてからは、新しい機能を追加していくことや、ユーザからの反応にあわせて機能を改修していくことなど、ソフトウェアをずっと直していくことになります。そのソフトウェアの「直しやすさ」が「保守性」と呼ばれます。 少ない人数のチームで、いかにコストをかけずに、効率的に、しかも保守性の高いソフトウェアを開発するにはどうすればいいか。 今回の授業では、私たちの会社ソニックガーデンで行っているソフトウェア開発の方法と、使っているツールについて紹介します。 その方法は、一般的にはアジャイルやリーンと呼ばれるようなやり方に近いかもしれません。それよりも、より本質的で、実際に現場で実践していることをもとに紹介したいと思います。 対象者は、チームでソフトウェア開発をしているエンジニアやディレクターになります。この授業を受けることで、ビジネス要件に応えるためのチームでのソフトウェア開発の肝を学ぶことができます。