10/24(Wed)

今日の生放送

たかはし しんぺい

高橋 晋平

株式会社ウサギ 代表取締役 / おもちゃクリエーター

秋田県出身。株式会社バンダイに2004年に入社し、累計335万個を販売した「∞プチプチ」など、大ヒット商品の開発に携わる。2014年より現職、各種企業と連携して様々なジャンルの商品・サービスを開発する。最近はアナログゲーム「民芸スタジアム」「グーチョキパーダラピン」「THE仮想通貨」などを次々開発。 著書に『一生仕事で困らない 企画のメモ技』(あさ出版)など。

高橋 晋平

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

「アイデアはテキトーがいい。まずダメなアイデアから出す」。これが、アイデアマンになるために最も重要なことです。 すべての人は、何かしらの問題を抱えています。仕事の課題、会社でのツラさ、生活の悩みなど。それらすべての問題を解決するのは、アイデアです。アイデアをどんどん出せるようになれば、すべての悩みや苦しみ、問題の解決法が見えてきます。 大抵の人は、いいアイデアを出そうとして苦しみ、何も思いつかない自分が嫌になり、アイデアを考えることをやめてしまいます。そうならないために、「いいアイデアを出すことは苦しまなくても誰にでもできる!」ということをお伝えしたいと思います。 この授業ではまず、私が提唱している「アイデアしりとり」というアイデア発想法を中心に、ラクに楽しくアイデアを出す方法を、実際にワークをやっていただきながら、お教えしたいと思います。そして、いいアイデアと悪いアイデアの選別の仕方、会社などで自分のアイデアを通して形にする秘訣などをお教えいたします。 多くの方に、アイデアを考えることが大好きになっていただき、問題解決力を身につけて頂けたらと思います。

皆さんは、仕事上で、新しい商品、サービス、販促企画などを作りたいと考えていませんか? それなのに、新しいアイデアがなかなか出てこない!アイデア出しなんて苦手で、億劫だ!と、困っていませんか? なぜ、アイデアを出すことは難しいのでしょうか。 それは、「いいアイデアを出さなければならない」という意識が、あなたの邪魔をしているのです。 この授業では、どうすればアイデア出しを好きでい続けられ、新規アイデアを発想し続けられるかを解説してまいります。 ■この授業で学べること ・アイデア出しという行為を好きでいつづけられる方法(なぜアイデア出しが苦手になるかの分析をもとに解説) ・新規アイデアの発想プロセス ・日常で、自然にアイデアを出し続けられる方法 ■こんな方におすすめです ・新規商品/ビジネスのアイデアを考えなければならない人 ・「忙しい」「難しい」「面倒だ」などの理由で、アイデアをなかなか出せない人

特別な才能はいらない。売れる企画は“仕組み”で量産できる。 企画というと、“社会のニーズ”ばかり考えがちです。 一方、『∞プチプチ』など大ヒット商品を生み出している高橋晋平先生は、 売れる企画作りに重要なのは「自分は何が本当に欲しいのかに気づくこと」だと 提唱しています。 なぜ高橋先生は“自分の本当の欲求”を大切にするのでしょうか。 本授業では、高橋先生の著書『一生仕事で困らない 企画のメモ技』を元に 自分が本音でやりたい企画、売れる企画を次々に生み出すテクニックを紹介します。 ■こんなことで頭を抱えたことがある方へ 「新しいことをやりたいけど、具体的な企画がぜんぜん思いつかない。」 「自分の作った企画は、多少ネットで話題になったりするけど、正直なかなか売れない」 「失敗しないため、会社で通すため、保守的な企画ばかり出してしまう」 ■授業で学ぶこと ワークショップを通して、高橋先生が提唱する「自分の欲求から生み出す企画術」を学んでいきます。本音の欲求をもとに企画を考えてみることで、この手法の意味と有効性を体感しましょう。 ■高橋先生が過去登壇した授業はこちら ・企画会議を授業中に実践、アイデアを世の中に出す【アイデア爆発実践ゼミ】 ・企画出しが楽しくなる発想術「大喜利」とダメアイデアの活かし方【アイデア爆発実践ゼミ】 ・「即興なぞかけ」で頭を柔らかく!企画出しが楽しくなるアイデア爆発実践ゼミ ・楽しくアイデアを出し続けられる「アイデアパーソン」になる方法 ・アイデアを苦しまずに出す方法   ■プレミアム生放送とは…? 一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の“ここだけの話”などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。 ※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。  プレミアムサービス機能詳細:https://static.schoo.jp/web/v2/premium/2.1/ プレミアム会員登録はこちらから:https://schoo.jp/student/premium/?cl=5114

担当の授業一覧 全6授業

企画会議を授業中に実践、アイデアを世の中に出す【アイデア爆発実践ゼミ】

第4回 企画会議を授業中に実践、アイデアを世の中に出す【アイデア爆発実践ゼミ】(60分)

2014年11月25日放送

■こんな方におすすめです! ・入社7年目の中堅社員で、企画などを考えることに疲れてしまった方 ・上司に「新しい事を考えろ」とムチャ振りをされている方 ・企画、マーケティング、開発、宣伝、営業など、考える仕事が多い方 ・最近頭が固くなってきたと感じている方 「入社した頃は、企画を出す気満々だったのに、今はどうしてこんなに苦しいんだろう…」などと思っている、アラサーくらいの皆様! 企画って、本来めちゃくちゃ楽しくて、夢があるものだということを、もう一度思い出して下さい! 明日から企画欲が湧き始める!3ステップの授業であなたもアイデア爆発! ■全員でこんなことをします 第3回:「高橋晋平&学生全員で、リアル企画会議実施!ホントにいい企画が生まれるかも!」 企画という仕事が嫌になる理由は、大概、会議で上司にダメ出しをされたりするからです。 今回、高橋晋平が、「絶対ダメ出ししない上司役」、生徒全員が会議参加者、で、リアル企画会議を開催します! 全員がアイデアを集める→いいアイデアを、条件に基づいて選定する→マーケティングのアイデアを全員で考え、企画にまとめる。良いアイデア会議の流れを、擬似(ほぼ実)体験できるセミナーです! ■全3回でアイデア爆発 1回目:【即興なぞかけで頭を柔らかく】 2回目:【ダメアイデアで思いつきのコツを知る】大喜利! 3回目:【アイデアを世に出すまでを考える】リアル企画会議!

企画出しが楽しくなる発想術「大喜利」とダメアイデアの活かし方【アイデア爆発実践ゼミ】

第3回 企画出しが楽しくなる発想術「大喜利」とダメアイデアの活かし方【アイデア爆発実践ゼミ】(60分)

2014年11月18日放送

■こんな方におすすめです! ・入社7年目の中堅社員で、企画などを考えることに疲れてしまった方 ・上司に「新しい事を考えろ」とムチャ振りをされている方 ・企画、マーケティング、開発、宣伝、営業など、考える仕事が多い方 ・最近頭が固くなってきたと感じている方 「入社した頃は、企画を出す気満々だったのに、今はどうしてこんなに苦しいんだろう…」などと思っている、アラサーくらいの皆様! 企画って、本来めちゃくちゃ楽しくて、夢があるものだということを、もう一度思い出して下さい! 明日から企画欲が湧き始める!3ステップの授業であなたもアイデア爆発! ■全員でこんなことをします 第2回:「ビジネスアイデア大喜利開催!ダメアイデアの投稿バトルで真のアイデアパーソンに!」 ビジネスアイデアを考えるときは、いいアイデアを考えようとしてはいけません。まずはくだらないアイデアから考え始めるのが大原則。そのクセを身につけるために、参加者全員で、お題に対して思いついたビジネスアイデアをすぐ投稿しちゃう大喜利大会を開催!くだらないほど「座布団1枚!」パッとアイデアを思いつくコツもお教えします! ■全3回でアイデア爆発 1回目:【即興なぞかけで頭を柔らかく】 2回目:【ダメアイデアで思いつきのコツを知る】大喜利! 3回目:【アイデアを世に出すまでを考える】リアル企画会議!

「即興なぞかけ」で頭を柔らかく!企画出しが楽しくなるアイデア爆発実践ゼミ

第2回 「即興なぞかけ」で頭を柔らかく!企画出しが楽しくなるアイデア爆発実践ゼミ(60分)

2014年11月11日放送

■こんな方におすすめです! ・入社7年目の中堅社員で、企画などを考えることに疲れてしまった方 ・上司に「新しい事を考えろ」とムチャ振りをされている方 ・企画、マーケティング、開発、宣伝、営業など、考える仕事が多い方 ・最近頭が固くなってきたと感じている方 「入社した頃は、企画を出す気満々だったのに、今はどうしてこんなに苦しいんだろう…」などと思っている、アラサーくらいの皆様! 企画って、本来めちゃくちゃ楽しくて、夢があるものだということを、もう一度思い出して下さい! 明日から企画欲が湧き始める!3ステップの授業であなたもアイデア爆発! ■全員でこんなことをします 第1回:「1時間で即興なぞかけマスターに!まずは頭をぐにゃぐにゃに柔らかくしよう!」 「学校」とかけまして、「1番バッターが初回にホームラン」とときます。 そのこころは、「トップが校長先生(好調、先制)です。」 みたいなことを、お題を与えられてパッと言うのが「なぞかけ」です。 これは、コツさえわかれば実はだれでもできる芸当なのです。 明日からあなたの特技はなぞかけになります。即興なぞかけのやり方をお教えしながら、全員で投稿し合い、笑い合い、頭を柔らかくしましょう! ■全3回でアイデア爆発 1回目:【即興なぞかけで頭を柔らかく】 2回目:【ダメアイデアで思いつきのコツを知る】大喜利! 3回目:【アイデアを世に出すまでを考える】リアル企画会議!  

アイデアを苦しまずに出す方法

第1回 アイデアを苦しまずに出す方法(60分)

2013年3月20日放送

「アイデアはテキトーがいい。まずダメなアイデアから出す」。これが、アイデアマンになるために最も重要なことです。 すべての人は、何かしらの問題を抱えています。仕事の課題、会社でのツラさ、生活の悩みなど。それらすべての問題を解決するのは、アイデアです。アイデアをどんどん出せるようになれば、すべての悩みや苦しみ、問題の解決法が見えてきます。 大抵の人は、いいアイデアを出そうとして苦しみ、何も思いつかない自分が嫌になり、アイデアを考えることをやめてしまいます。そうならないために、「いいアイデアを出すことは苦しまなくても誰にでもできる!」ということをお伝えしたいと思います。 この授業ではまず、私が提唱している「アイデアしりとり」というアイデア発想法を中心に、ラクに楽しくアイデアを出す方法を、実際にワークをやっていただきながら、お教えしたいと思います。そして、いいアイデアと悪いアイデアの選別の仕方、会社などで自分のアイデアを通して形にする秘訣などをお教えいたします。 多くの方に、アイデアを考えることが大好きになっていただき、問題解決力を身につけて頂けたらと思います。