chevron_left スタートアップ起業家のための、財務・法務の基本

スタートアップ起業家のための、財務・法務の基本

PREMIUM
第3回

スタートアップ起業家たちに捧ぐ、絶対に失敗したくない資本政策「はじめの一歩」

2014年10月15日 45min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 16

授業の概要

本授業は、起業家にとって、必ず押さえておくべき資本政策についての重要事項を解説します。

スタートアップ企業にとって、資金調達は不可欠であり、そのために、会社の株価をどうするべきか議決権比率をどうするべきかという資本政策はとても重要です。株式は一度発行してしまうと消滅させることは難しく、資本政策の失敗は、後でリカバリーすることが困難なケースが多いといえます。

そのため、「はじめの一歩」を踏み間違えてしまい、それがその後の会社の成長にとって致命的な問題となってしまうことがあります。起業家の皆様が、資本政策について正しい考え方を身に付け、資金調達に成功することは、日本のベンチャー業界全体にとって重要な課題の一つだと考えています。

本授業では、これから資金調達をするスタートアップ企業の皆様が「最低限これだけは正しく理解しておくべし!」という点を解説します。

■こんな方にお勧めです。

・会社を設立し、これから資金調達を行う予定のスタートアップ企業の皆様
・これから会社を設立しようと計画している起業家の皆様

こんな人にオススメ

会社を設立し、これから資金調達を行う予定のスタートアップ起業家の方