資料作成のためのIllustrator入門【その2】

「デザイン」の視点でビジネス文書を眺めてみませんか?

Adobe Illustratorを使用して、実際の授業中に皆さんと一緒に「プレスリリース」「プレゼンテーション資料」を制作していきます。

Adobe Illustratorの基本的な操作方法やレイアウトなどのセオリーもご紹介いたしますが、いわゆるデザイン理論は控えめに、デザインのコツを散りばめていきたいと思います。

目標は、一般的に使用されるMicrosoft Officeでも通じる…アプリケーションに左右されない「デザインのエッセンス」をお伝えできたらと思います。

自分が伝えたいことをデザインすることの大切さを学び、「相手が知りたいことが伝わる資料」を目指して制作していきましょう!

デザインについて、いつもより深く考えるきっかけになれば幸いです。

■第1回「デザインの概念と、Illustratorの基礎操作」

広い意味で使われている「デザイン」という概念を考えるところからスタートします。

Adobe Illustratorを使用して、アプリケーションの特徴・基本操作を学びます。

■第2回「レイアウトとプレスリリースのデザイン」(実習)

プレスリリースにおけるデザインを考えていきます。 文字・図形を使用して、プレスリリースのレイアウトを楽しみましょう。

■第3回「IllustratorとPowerPoint」(実習)

プレスリリースからプレゼンテーションへ資料を昇華させていきます。

Adobe IllustratorとMicrosoft PowerPointの連携をご紹介します。

詳細を開く
資料作成のためのIllustrator入門【その2】
2013年6月24日公開
01:00:00
  • 自己紹介・本日のアジェンダ
  • 01:40
  • ベクターとは
  • 02:47
  • 前回の復習
  • 04:33
  • ベクターの原理
  • 02:40
  • パスファインダーの使い方
  • 04:27
  • ダイレクト選択ツールの使い方
  • 03:03
  • 図形制作の例
  • 01:08
  • ポール・ランドの言葉
  • 00:51
  • 文字挿入とフォント変更
  • 09:14
  • 文字の図形化
  • 03:10
  • 質問:文字ツール時にcommandキーを押しながら選択してもバウンディングボックスがでないのですが、何か設定があるのでしょうか?
  • 01:34
  • 質問:コマンドを押しながらでないと複製ができません。何か設定がおかしいのでしょうか?
  • 01:49
  • デザイン・レイアウトの実践
  • 23:38
  • まとめ
  • Q:wordなどのドローソフトでもできそうな感じがするのですが、Illustratorとドローソフトの決定的な違いとは何ですか?
  • 01:25
  • Q:先生の「こんなときにはこのフォント!」というオススメのフォントを教えてください。
  • 01:21
  • Q:レイアウトのセンスを勉強するにはどのようなフォントがオススメですか?
  • 01:03
  • Q:Illustratorで作業しているとレイヤーや文字ツールなどのツールパレットが複雑に画面に散らばってしまうのですが、実際の作業ではどのように配置していますか?
  • 02:59
  • Q:ページを複数つくった後にページの順序を変えたい場合はどうしたらよいでしょう?
  • 01:08
  • Q:オススメのフリーフォントサイトを教えてください
  • 01:51
  • 課題発表
開く
スライド資料
担当の先生
関連授業