chevron_left フリーエージェント時代の仕事術

フリーエージェント時代の仕事術

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 53

授業の概要

ダニエル・ピンク著「フリーエージェント社会の到来」が出版されてから早10年以上が経ちました。 会社やオフィスにとらわれない働き方をしている人が日本でも増えてきていると感じます。かくいう僕も小さな会社にこそ所属していますが、オフィスはナシ、基本的には自宅や喫茶店で作業。日々何を行うか?を自分で決めています。

こう言うと「カッコいい」と思われたり「ノマドというキーワード」に飾られるわけですが、なかなか苦労することも多いはずです。自由である分、だらけてしまったり、計画を立てれなかったり、重要なことに時間を避けずに日々の対応に追われたりと、いわゆる「セルフマネージメント」の部分がフリーエージェントの場合重要になります。

僕は過去に大学院生の時分、半年間、自由な時間を与えられるという状況にたまたま置かれたのですが、その際にいくつかの時間管理の方法や一人で行う勉強法を実践し、自己管理するための「型」を身につけました。その後アレンジしながら日々やることを計画しています。

今回は最近の便利なアプリの紹介を含む実践的なテクニックを披露し、皆さんなりの仕事術をつくれるような授業にしたいと思います。


【この授業のキーワード】 理想像をつくる/夢じゃなくて目標を持つ/重要でかつ緊急ではないことを優先する/オリジナルデイリーシート/時間を面積で把握する/メモ魔・付箋魔になる瞬間/まずは色で識別する/本の読み方の種類/必ず月に5冊本を読む方法/速読について/受験勉強、家でやる派・予備校でやる派/朝の集中力を活かす/シエスタで朝が2度来る/夜に仕事をしない/タスクとルーティンについて/修行と思うと気が楽/文章を書くことで鍛えられる/息抜きをつくる、家事、植物、etc./Wunderlistを活用する/カレンダーアプリの使い方/Gmailアプリで即レス