chevron_left チーム開発入門

チーム開発入門

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 24

授業の概要

第2回では、アイデアをソフトウェアでビジネス価値にするまでの「流れ」を見ていきます。

ウォーターフォール開発でもアジャイル開発でも「流れ」を制することが大切となります。この授業では、価値の流れを理解し、リードタイム、スループット、仕掛かりの関係も見てきます。

こんな人にオススメ

チーム開発に関心のある開発者、プロジェクト管理者

チャプター

play_arrow
自己紹介
03:26
play_arrow
授業の目的と目標
01:16
play_arrow
アジェンダ
00:46
play_arrow
チームとチーム開発のおさらい
02:15
play_arrow
チーム開発
03:31
play_arrow
価値の流れ
06:25
play_arrow
価値の流れの考慮点
04:12
play_arrow
価値の流れをサッカーに置き換えると
02:14
play_arrow
価値の流れを考える目的
09:04
play_arrow
価値の流れと改善
00:20
play_arrow
各種のバイアスの除去
07:07
play_arrow
リトルの法則
06:13
play_arrow
価値の流れとリトルの法則
00:23
play_arrow
まとめ
01:45
play_arrow
Q.逆に多数決で決めようとするのもバイアスですよね。
02:35
play_arrow
Q.チームメンバーで、バリューストリームマッピングを書くときに、どんどん細かい作業まで書き出してしまいそうです。。。何か良い方法ありますでしょうか?
01:36
play_arrow
Q.スループットって明確に数字にできない場合ってどうしますか
01:27
play_arrow
Q.工程毎にチームが分かれている組織で価値の流れの見える化を行う場合、全チームからメンバーを集めてやるのが良いのでしょうか?
00:38
play_arrow
Q.私の職場ではチーム開発の手法とかの話題にならないのですが、下っ端から「まず」何が提案できるでしょうか?
01:45
play_arrow
Q.この手法は商品開発などにも使えますか?
01:11
play_arrow
お知らせ