chevron_left 『なぜか惹かれる言葉のつくりかた』著者:能勢邦子さん

『なぜか惹かれる言葉のつくりかた』著者:能勢邦子さん

PREMIUM
第1回

「読まれない」を「読みたい」に変える文章術をanan元編集長の能勢邦子さんが解説

2021年4月28日 60min

授業の概要

今回取り上げる書籍は『なぜか惹かれる言葉のつくりかた』(能勢邦子著 サンマーク出版)です。


【書籍紹介】

anan元編集長の、「読まれない」を「読みたい」に変える技術。
自分でも面白いほど言葉が上手になる。


◎SNS・web記事・社外文書・メール・企画書・HP・販促物・商品紹介
 文章をつくるすべての人に。
◎『anan』『Hanako』『POPEYE』
 『ブスの瞳に恋してる』『ザ・トレーシー・メソッド』等、
 ヒットメーカーが初めて明かす、読み手を引き込む技術。
 
企画書や記事を一生懸命つくったのになかなか読んでもらえない。
商品やサービスのPRを頑張っているのに思うように売れない。
……ともどかしい思いをした経験はありませんか。
どんなに素晴らしいコンテンツも人に届かなければ意味がありません。
 
本書では、
雑誌・書籍の編集者として活躍し
webメディアのディレクションや
コンテンツマーケティングも行う著者が、
「読まれる」「売れる」言葉をつくるのに必要なことだけを
余すところなく紹介し尽くします。
 
・知名度80%が流行語の使いごろ
・和語を使うとはんなり感があふれ出す
・中身勝負のときは安定感の定型パターン
・ヒットメーカーが大事にしていたお茶会
・読者を途中で飽きさせない工夫
といった内容はもちろん、
 
・先を聞きたくなるプレゼンづくりの秘策
・ひと目で伝わるビジネス文書とは?
・文章やメールがスラスラ書けるコツ
など、ビジネスに役立つトピックも満載。
 
どれも一度身につければ一生使える、
文章をつくるすべての人にぜひ知ってほしい技術です。

目次より
序章 なぜか惹かれる言葉のつくりかた
第1章   「読まれない」を「読みたい」に変える言葉の磨きかた
第2章   一瞬で読みたくなる言葉のつくりかた
第3章   つい見たくなるコンテンツのつくりかた
第4章   読者の心を強く惹きつける言葉の選びかた
第5章   少ない文字数でも目を惹く言葉をつくるコツ
第6章   惹句をつくれるようになる簡単な心がけ

 

能勢 邦子
anan元編集長

『anan』元編集長。
『Hanako』『POPEYE』元副編集長。
2018年まで約30年間、マガジンハウスで雑誌や書籍の編集に携わり、話題作を次々に生み出す。
担当した『ザ・トレーシー・メソッド』はミリオンセラーに。
現在はコンテンツディレクターとして、編集・執筆・webメディアのディレクション、出版プロデュース、コンテンツマーケティングを行う。
学習院蓁々会「学習院さくらアカデミー」講師。

こんな人にオススメ

ビジネス書の積読が慢性化している方