1/23(Sun)

今日の生放送

設計スキル向上のための3次元CAD活用手法

Day1:機械設計で今後求められるスキル

次回の生放送

Day2:3次元CADに適した設計ワークフロー

1 / 28 (金)

19:00 - 20:00

参加する

この生放送の内容

まず、3次元CADが普及していない現状と理由を理解します。
3次元CADに適した設計ワークフローと設計手法をとして、ここではLOD (Level Of Development) の考え方を用いた設計ワークフローを学びます。

コース概要

2次元CAD(2D CAD)での仕事は、設計(デザイン)ではなく製図(ドローイング)である場合が非常に多く、「新規設計の際に既存の図面の一部を編集して終わりにする」というシーンが多数見受けられます。しかしこれでは、本当の意味での設計(デザイン)のスキルが身に付かず、設計現場の戦闘力が下がっていってしまいます。また、3D CADを導入したはいいものの、実際には今も2D CADを使っている、という現場も多く存在します。

このコースでは、機械設計者やその管理者、更には全体を統括する経営陣など、機械設計を業務とされている幅広い立場の方々に向けて、これからの機械設計者が身につけるべき3D CADの活用手法について学びます。
授業内では、講師による3D CADの操作を見て、具体的な使い方を学ぶセクションも用意されています。

■講師紹介
オクターブ・ラボ 代表 田中洋次
大学の機械工学科を卒業の後、国内外の大手自動車会社 向けに生産設備を設計製作する会社において、機械設計、設計・生産管理、生産準備などの機械技術系の職務を幅 広く経験。その後、オートデスク社にて、主に製造業のお客様向けに設計ソリューションの紹介・啓蒙・コンサルティングの業務に従事。CADの製品知識と製造業での実務経験をもとに、ユーザの業務に適合した提案ができるのが強み。
現在は独立して、これまでの知識と経験を社会に還元すべく活動中。
note: https://note.com/yo420186

こんな人にオススメ

3D CADについて学びたい機械設計者、およびその管理者、経営陣

担当の先生

パーソナリティ

  • 岸田 彩加

    岸田 彩加

    スクー放送部

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

参加したい受講生 : 311

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

Day1:機械設計で今後求められるスキル

2022年1月21日公開

60min.

機械設計において今後求められるスキルについて学びます。
まずはこれまでの機械設計を取り巻く環境がどのように変化したのか明らかにし、そしてこれから何が変わり、何が変わらないかを知ります。

機械設計者として生き残るためのスキルアップ・キャリアアップについて、真剣に考えてみましょう。

Day2:3次元CADに適した設計ワークフロー

2022年1月28日公開

60min.

生放送1月28日(金) 19:00 - 20:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

まず、3次元CADが普及していない現状と理由を理解します。
3次元CADに適した設計ワークフローと設計手法をとして、ここではLOD (Level Of Development) の考え方を用いた設計ワークフローを学びます。

Day3:3次元CADで効果を上げるためのトップダウン設計手法

2022年2月4日公開

60min.

生放送2月4日(金) 19:00 - 20:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

3D CADで効果を上げるには「トップダウン設計手法」を使うのが有効です。トップダウン設計とは、構想設計のような上位レベルの設計から詳細設計のような下位レベルの設計へ順に(上から下へ)設計を進めていくやり方です。設計における無駄な作業を除くことが出来るうえに、上位レベルの設計変更を自動的に下位の設計に反映できるため、大幅に設計工数を低減できます。
今回はこのトップダウン設計について、その考え方と具体的な方法について学びます。

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る