ブロックチェーン実践 メール添付ファイルの真正性証明ツール編

ブロックチェーン実践 メール添付ファイルの真正性証明ツール編

2019年10月10日最終更新(全1回)

コース概要

この授業を一言で表すと...

「ブロックチェーンとは実際にはどのような使い方があるのか」が分かる授業です。

ブロックチェーンを活用した「メール添付ファイルの真正性証明ツール」の作成の流れを見て、
ブロックチェーンの具体的な活用方法についてイメージを持つ事ができます。

 

この授業で学べること

・ブロックチェーン技術の組み込み方法
・ブロックチェーンの活用方法

 

講師紹介

吉田 健一先生 (株式会社電縁 イノベーションオフィス室長)
1999年からIT業界に飛び込み、電縁へは個人事業主を経て2011年に入社。現在はイノベーションオフィス室長として新たな事業、サービスに繋がる新技術の取り込み、社内の技術課題解決の支援などを行っており、その一環として社内ハッカソンを主催するなど、社員の技術向上に向けた活動を推進している。 ブロックチェーンに関しては、社内でいち早く取り組みを開始し、2015年末からは自社サービス内で流通するコイン及びアプリケーションの設計・開発、Ethereumベースの実証実験向けプロトタイプシステムの受託開発、外部向けブロックチェーンセミナーのコンテンツ作成・講師などを行う。 近年はAIにも力を入れており、昨年末に日本ディープラーニング協会のジェネラリストを取得。

こんな人にオススメ

ブロックチェーンを活用してみたい方