リモート時代の商談は「質問力」で差をつける

リモート時代の商談は「質問力」で差をつける

2020年11月10日最終更新(全1回)

コース概要

「リモートでの商談、難しい・・・!」

リモート営業は、対面よりも一方通行になりがちです。発言するタイミングを逃しやすく、沈黙した時の空気も読みにくいので、思わず喋り過ぎてしまうこともあるでしょう。 そしてそれは、お客様の要望や情報を把握する機会を失い、「次につながる関係構築」に失敗するリスクをはらんでいます。

そこで必要になってくるのが、必要としている情報を引き出すための「質問力」です。 今回は、会話型セールス「売り込まないクロージング」(通称「売りクロ」)から、リモート営業で差をつける「質問力」を学びます。

こんな人にオススメ

リモートでの商談に苦手意識がある人