1/26(Wed)

今日の生放送

【先生紹介】

杉山 大輔(すぎやま だいすけ) 株式会社インターリテラシー ファウンダー

 

 

 

式会社インターリテラシー ファウンダー 杉山 大輔先生

1979年東京都生まれ、ニューヨーク育ち。1999年大学1年時に教育コンサルティング会社を立ち上げる。 2007年コミュニケーション問題の解決をはかる株式会社インターリテラシーを設立。

著書『行動する勇気』の内容を基に授業が行われました。


<学べるポイント>
好きなことや目標としていることを達成するまでに、やらなければならないことが明確にある時、それをやるべきなのか、どのように頑張ればいいのかについて学べます。

<動画内容>
【質問】
好きじゃないことを、やらなければならない状況に僕はあります。でもそれは好きなことをやるための条件でもあります。好きじゃないことの頑張り方を教えて下さい。

法政大学--「生き方・働き方」の技法(2限目:経営者のキャリアインタビュー)

【回答】
なんかブレーキとアクセルを一緒に踏んでいますよね。やらなきゃいけないということは、必要なんですよ。

僕は欲しい物か、必要な物かということは違うと思うんです。例えば冬にコートが無くて、コートが欲しいということは必要なんです。でも違う種類のコートが欲しいということは、欲しいんですよ。

今のこの西村さんの話を聞いていて、やらなければいけないことなら、やるしかないと思います。自分の好きなことをしたいとか強くなりたいとかであれば、そういうチャレンジをやらなければいけないと思います。

僕は今父親で子供4人いますけれども、チャレンジさせること、というのはすごく大事だと思うんです。やらなければならないことが、分かっていることだけでも、すごいことだと思いますよ。要するにそれをやればできるということが、分かっているわけですから。

人によって腑に落ちる部分は何かというと、問題を知るということが大事なんですよね。何が問題点なのかが分かればいいわけですよ。

だから西村さんは、やらなきゃいけないことがあるなら、一生懸命頑張ってやりたいことを手に入れることが、一番大事なんじゃないかなと思いますね。

メニュー

まとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加