9/28(Mon)

今日の生放送

須藤 憲司(すどうけんじ) KAIZEN platform Inc. CEO
KAIZEN platform Inc. CEO 須藤 憲司 先生
 
2003年、株式会社リクルート入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、アドオプティマイゼーション推進室を立上げ。株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員で活躍の後、2013年にKAIZEN platform Inc.を米国で創業。

<学べるポイント>
様々な経営者がいる中で、2013年にKAIZEN platform Inc.を創業した須藤憲司先生が考える、経営者と創業者の違い。創業者にしかできない仕事について学べます。
先輩起業家たちに聞く、起業の原点〜Vol.1 - KAIZEN Platform Inc. 須藤憲司【現代ビジネスコラボ企画】
【質問】
最近色々な先輩経営者の方に伺っているのですが、「経営者の仕事」って何だと考えていますか?ちなみにnanapiの古川健介さんに聞いたところ「間違った正義を止めること」だと答えていました。
 
【回答】
こんなにおしゃれなことはないですけどね(笑)。事業とそこで働く従業員を、どういう形でもいいからエンゲージしたり、支援していくという事が経営者の仕事だと思っています。
 
経営者の仕事と、創業者の仕事は少し違うと思うんです。創業者にしかできない仕事というのがあって、会社の風土というものは、すごく創業者が大事だと思っているんです。
 
だから、会社の創業者は会社の風土とかをケアした方がいいんじゃないかと思っているので、それはめちゃくちゃ頑張っています。できているか分からないですが、風土作りは日常の言動だと思っています。
 
綺麗事だけ言って実行されないというのは、やっぱり嘘ですよね。なので、言った事をやる。逆にできないことは言わないですね。

メニュー

まとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加