chevron_left

Webサイトでよく使うビジュアルデザインの作り方

PREMIUM

スライド資料

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 56

授業の概要

■こんな方はぜひチェック

* デザインをやりたいけどデザインセンスがないからと敬遠している人
* デザイナーとのコミュニケーションに困っているディレクター
* ソフトは一通り使えるけど、いまいち自分のデザイン力に自信がない人

■こんなことありませんか?

・どの書体を使うのか迷って結局同じにしてしまう
・色使いが毎回似通ってしまう
・クライアントに納得してもらうデザインに仕上がらない
・デザインのアイデアが膨らまない・・・
この授業ではデザインのアイデアの膨らませ方を、書体や色などからアプローチします。

色ごとに与える印象が違うのは、なんとなく分かりますよね。赤は元気で活動的、青は爽やかで信頼できそう。などなど。

書体にもセリフ、サンセリフ、ゴシック、明朝いろいろありますが、同じセリフでもHelvetica,Arial,Univers,myriad、表情が全くことなります。言い換えれば、一つ間違えると全く違う印象を与えるデザインになってしまうということです。

これらをどのように使うべきか、悩んでしまってデザインが進まず困っていませんか?

さまざまな表情を持つデザインエレメントを、どう使ってクライアントの言う「カッコいい」を表現するか。「カッコイイ」を表現するためのさまざまな手法を学びます。

この授業を通して、自分なりのパターンを完成させてみましょう。

【イシジマミキ先生のデザイン理論:全2回
デザイン脳は作れる!感覚ではなく、理論を伝えるデザインの話
書体や色のイメージで表現!「Webデザインアイデア」の膨らませ術
 

 

こんな人にオススメ

デザインアイデアのセンスを膨らませたい方・ソフトは使えるけどデザイン力に自信がない方

チャプター

play_arrow
自己紹介&アジェンダ
03:45
play_arrow
デザイナーとのコミュニケーションに困っているディレクターへ
11:38
play_arrow
同じターゲット、同じニュアンスで伝えているものを探す
20:39
play_arrow
センスがないと敬遠している人へ
16:16
play_arrow
書体選びのポイント
05:10
play_arrow
ソフトは使えるけど、デザイン力に自信がない人へ
12:45
play_arrow
Q:先生はアイデアや参考になるデザインをストックしたり、まとめるときは、何かソフトとか使ってますか?
01:04
play_arrow
Q:デザインを作るときも、見るときも、イメージやニュアンスの違いを言語化するのが難しいです。色や書体、レイアウトがもたらす効果を言語化するにはどういった訓練をすればいいでしょうか?
02:53
play_arrow
Q:日本酒とワインと招き猫と見たからに怪しい中国製の化粧品の素材もらって「高級感がテーマで」とチラシ作成の依頼をされたことがあるのですが、先生だったらどのようにアプローチしますか?
01:44
play_arrow
Q:バナー制作を行ったときに、青と黄色を使った所、この二つは愛称の悪い色なので一緒に近接して使わないように言われました。補色に近いからかなと思ったのですが、補食に近い色は愛称の悪い色なので一緒に近接して使わないべきなのでしょうか?
01:37
play_arrow
Q:補色の効果的な使い方が知りたいです!
01:06
play_arrow
Q:イシジマさんは街中でデザインの勉強のために看板やお店のポップやチラシやショップカードなど見たあとに自分なりに咀嚼するときに心がけることってなにかありますか。
03:22
play_arrow
Q:先生はアイディアにつまったときにヒントをもらうものはなんですか?またよくインスピレーションをもらうものはんですか?
03:28
play_arrow
Q:一度無難な組み合わせを見つけてしまうとなかなか色使いで冒険できなくなるのですが、そんな時に抜け出すにはどうしたらよいでしょう?
01:08
play_arrow
Q:フリーのフォントでおすすめのものはありますか?