「CONCENT」による社会に求められるデザイナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザイン領域の拡張に伴うデザイナーとしての役割とは?
第1回:2015年1月22日公開 01:30:00

デザイン領域の拡張に伴うデザイナーとしての役割とは?

受講する

この授業では、デザイナーならではのスキルの活かし方、デザインの現場に現れた新しいライバル、チームとしてデザインをするということを中心に、社会に求められるデザイナーであり続けるためにどう考えているのかを、現場のデザイナーがお伝えします。

授業一覧
デザイン領域の拡張に伴うデザイナーとしての役割とは?
2015年1月22日公開
01:30:00

■今、そしてこの先に求められている価値あるデザイナーとは?

デザインという仕事は、時代に合わせて求められることが変わり続けています。では、Webサイトデザインや商品・サービスの開発支援を行うコンセントというデザイン会社で、デザイナーがどういった考えで、どういった取り組みをしているのか。
デザイナーならではのスキルの活かし方、デザインの現場に現れた新しいライバル、チームとしてデザインをするということを中心に、社会に求められるデザイナーであり続けるためにどう考えているのかを、現場のデザイナーがお伝えします。

■授業のアジェンダ(予定)

・スキルとライバルの話
・チームでのデザイン

■特にこんな方におすすめです

・Web制作3年目くらいの美大系出身デザイナー
・実務経験もスキルも磨いている
・もっと活躍できるんじゃないかと考えている
(もちろん美大系出身デザイナー以外の方も歓迎します)

■「CONCENT」×「schoo」全3回の連続授業

第1回 デザイン領域の拡張に伴うデザイナーの役割とは?
第2回 サービスデザイン時代のデザイナーのあり方とは?
第3回 優れたUXを実現するための人間中心デザインとは?

サービスデザイン時代のデザイナーのあり方とは?
2015年1月29日公開
01:00:00

■時代の変化に合わせたデザイナーの生き方

近年、デザイナーの手がける対象が個別の製品や情報プロダクトを超えて、「体験」「サービス」へと拡張しています。
取り扱うものも「色」「カタチ」だけではなく、事業戦略や社会課題など、多岐に渡っています。
そのような時代にデザイナーはどう振る舞うことができるのでしょうか?

サービスをデザインする「サービスデザイナー」のスピーカーが、自身の体験を踏まえて、キャリア形成や必要なスキルセットについてお話しします。

■授業のアジェンダ(予定)

・デザイナーのキャリア形成
・サービスデザインという考え方
・デザイナーに必要な変化

■特にこんな方におすすめです

・目の前にあるデザインワークをするだけでは、顧客や社会に対して有効な価値提供が できていないのでは?と悩むデザイナー
・今の仕事に限界を感じているデザイナー

■「CONCENT」×「schoo」全3回の連続授業

第1回 デザイン領域の拡張に伴うデザイナーの役割とは?
第2回 サービスデザイン時代のデザイナーのあり方とは?
第3回 優れたUXを実現するための人間中心デザインとは?

優れたUXを実現するための人間中心デザインとは?
2015年2月5日公開
01:30:00

■優れたUXを実現するためのHCDとは?

Webサイトやアプリを介して訪れてくれているユーザーに、サービス自身の魅力はちゃんと伝わっているのでしょうか?そもそも、ちゃんと伝えられているのでしょうか?

この授業では「どうやって」「なにを」つくるか?よりも、そもそも「なぜ」つくる必要があるのか?そして、「誰のために」つくり、「どのように」伝えていくべきなのかを考えるきっかけとして「人間中心設計(Human Centered Design:HCD)」を「伝わる仕組み」としてご紹介します。

■授業のアジェンダ(予定)

・コトづくり=伝わる仕組みをデザインする(ユーザエクスペリエンスデザイン)
・伝わる仕組みをデザインする=人間中心設計

■「CONCENT」×「schoo」全3回の連続授業

第1回 デザイン領域の拡張に伴うデザイナーの役割とは?
第2回 サービスデザイン時代のデザイナーのあり方とは?
第3回 優れたUXを実現するための人間中心デザインとは?

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 01:47
  • モノからコトへのデザインへの発想転換
  • 06:03
  • 人間中心デザイン的思考回路
  • 05:17
  • ユーザー中心設計とは
  • 05:47
  • 花とデザインと伝わるしくみ
  • 09:04
  • 伝える≠伝わる。最も重要なのは「伝わること」
  • 06:00
  • 幸せの「ものさし」
  • 05:55
  • 問題発見→問題解決
  • 10:44
  • カスタマージャーニーマップとその効果について
  • 04:57
  • 成功は補償できないが、失敗はしない
  • 06:31
  • 明日からできる人間中心設計
  • 07:23
  • Q:カスタマージャーニーマップについて
  • 01:39
  • Q:ペルソナを作るにあたってデータを収集する際、どのような手段で収集していますか?
  • 02:01
  • Q:ターゲットユーザーを絞りにくい商品などを扱ってる場合は、どのように絞り込んでますか?
  • 01:37
  • Q:ユーザーに価値を感じてもらえた対価なのに、次第にユーザー中心売上の構図になりがちです。そこからリスタートさせるのは大変だと思いますが、そういうご体験はありますか?
  • 02:40
  • Q:グロースハックでもそうですけど、「仮説」をたてられない人に対してそれを求めるよう意識付けはどのように心がけますか?
  • 01:36
  • Q:ペルソナを作るときには、どれ位の人数や年齢層で議論をするのでしょうか?
  • 02:29
  • Q:坂田先生がこのサイト、サービスのUX設計は凄い!と思う物があれば教えて下さい。
  • 02:04
  • Q:著里Ui、UX設計、グラフィックそれぞれの割合ってどの位なものでしょうか?
こんな人にオススメ
WEBデザイナー(中級)

デザイナーとしての3年程度の実務経験がありスキルアップを目指したい方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 塩原 桜

    塩原 桜

    スクー放送部

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

この授業を受けたい(2437人)
その他 2363人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×