情報の扱い方を知るための編集実践授業【その2】

2012年12月にスクーで「企画立案に役立つ、編集力強化クラス」というテーマで最初の授業をしました。それを受けて、さらに具体的に「編集術」の方法を取り上げて、「情報編集力」を鍛えるための連続授業を展開していきます。

今回のテーマは「イメージング・メソッド」。私たちが情報に触れるときの意識の動かし方、情報のツカミ方など、つまりどんなイメージが動いているかを確認し、その方法をいろいろと取り出していきます。

前回に引き続き、ポイントにしたいのは「編集稽古」スタイル。講義中にワークショップ形式の実習を連続的に行なう、お題の提示と受講生の皆さんとのやりとりを行います。これは内容を伝えるだけではなく、皆さんがどう情報を編集するかをライブチャットで参加していただきながら相互的に共有をしていくことを狙います。スクーの授業ならではのライブな情報のやりとりを生かして、一緒に「情報編集力」を鍛えていきましょう。

詳細を開く
スライド資料
担当の先生
関連授業