chevron_left 資料作成に活かせる、ビジネス教養としてのデザイン

資料作成に活かせる、ビジネス教養としてのデザイン

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 18

授業の概要

情報を視覚的に表現するためには、まず情報そのものの整理が重要です。第1回では、まず、トランプの「♠♣◆♥」、「A23…JQK」をモデルとした、「グループ化」と「強弱」という2つの軸での情報の整理を行います。また、「揃える」ことを中心として、情報の構造をレイアウトで表現していく考え方を学びます。

こんな人にオススメ

ビジネスで使う文書のデザインを改善したい方。ビジネスにデザインを活用したい方。

チャプター

play_arrow
自己紹介
02:35
play_arrow
授業のテーマ
01:42
play_arrow
デザインのための情報の整理
00:27
play_arrow
デザインには、センスが必要?
02:02
play_arrow
デザインする前に、まず情報を整理する
01:33
play_arrow
トランプ型の情報の整理
04:44
play_arrow
「情報の構造=デザインの構造」
02:14
play_arrow
情報を伝えるためのレイアウト
00:19
play_arrow
「揃える」ことで、位置に意味が生まれる
07:05
play_arrow
「揃える」ことを繰り返す
03:01
play_arrow
描かれていない線を感じさせる
01:24
play_arrow
情報とレイアウトを関連づける
05:00
play_arrow
レイアウト実演
03:42
play_arrow
囲みを作らない
01:03
play_arrow
コントラストを大胆に
02:20
play_arrow
マージンが読みやすさを左右する
04:22
play_arrow
ページの隅からレイアウトする
02:47
play_arrow
レイアウトのポイント
02:52
play_arrow
Q:「囲み枠は無い方が良い」の原則には”例外”=(枠が有った方が良い情報デザイン)も有ったりしますか?
02:18
play_arrow
Q:余白恐怖症という言葉を聞いた事があります。良い余白とイマイチな余白の違いはありますか?
01:20
play_arrow
Q:アンダーラインやマーカーで文字を強調する場合は目安などありますでしょうか?
01:14
play_arrow
Q:白黒印刷のみの対応の場合、シンプルで分かりやすい「揃える」以外のポイントがあれば教えてください。
02:38
play_arrow
お知らせ