中高で何に使うのかよく分からなかった理科の法則を今、学び直す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【11月号】皆さんの?を科学で!に
次回の生放送
11月13日(月)
19:00 - 20:00
生放送の参加は無料です

中学・高校で勉強したオームの法則、ジュールの法則、質量保存の法則、相対性理論…。
中学・高校時代には何に使うのか分からず、テストのために「とりあえず丸暗記した」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

中学・高校で学んだこれらの法則や理論は、私たちの実生活に多く取り入れられており、数多くの恩恵を受けています。ニュースで取り上げられる最先端技術に関するリリースも、これらの法則・理論の上に成り立っているのです。

今回の授業では、社会人になり中学・高校と比べて見識が拡がった今だからこそ学ぶべき「理科」をテーマに、現代時事や最新の科学ニュースと結びつけながら解説していきます。ニュースで報道される科学的発見の「どこが素晴らしい成果なのか?」を知り、日常生活に溢れる科学を体感する60分にしていきましょう。


【講師プロフィール】
小谷 太郎
大学教員、サイエンスライター
東京大学理学部物理学科卒。博士 (理学)。専門は宇宙物理学・観測機器開発。理化学研究所、NASAゴダード宇宙飛行センター、東京工業大学などの研究員を経て、青山学院大、神奈川大ほかで講義中。

著書に『4時間でやり直す 理科の法則と定理100』 (監修)(宝島社)、『知れば知るほど面白い科学のふしぎ雑学』(三笠書房)、『科学者はなぜウソをつくのか―捏造と撤回の科学史』(dZERO)、『理系あるある』(幻冬舎) など多数。

JBpress (日本ビジネスプレス) などで科学解説記事連載中


 

次回の生放送

11月13日(月) 19:00 - 20:00

【11月号】皆さんの?を科学で!に

今回の授業では「自分が海に飛び込んだら沈むのに、何故船は水に浮かべるのか?」の疑問を解決するのに必要な”ある定理”を解説していきます。科学は実際に体感して学ぶのが一番、ということで簡単な実験も準備する予定です。


【授業アジェンダ】
・今回の解説テーマ発表 & 解説
・授業テーマに関連した実験
・質疑応答


【皆さんにお願い】
この授業では、「科学ニュースに関する疑問」や「私たちの身近にある疑問」を募集しています。受講生の皆さんの「?」を授業内で集めて、次回以降授業化していきます。皆さんのご参加をお待ちしております。


 

授業一覧
【9月号】自分が海に飛び込んだら沈むのに、何故船は水に浮かべるのか
2017年9月11日公開
01:00:00

今回の授業では「自分が海に飛び込んだら沈むのに、何故船は水に浮かべるのか?」の疑問を解決するのに必要な”ある定理”を解説していきます。科学は実際に体感して学ぶのが一番、ということで簡単な実験も準備する予定です。


【授業アジェンダ】
・今回の解説テーマ発表 & 解説
・授業テーマに関連した実験
・質疑応答


【皆さんにお願い】
この授業では、「科学ニュースに関する疑問」や「私たちの身近にある疑問」を募集しています。受講生の皆さんの「?」を授業内で集めて、次回以降授業化していきます。皆さんのご参加をお待ちしております。


 

先生

小谷 太郎

理科を学び物理を知り知識を広げるのは本来楽しいことのはずですが、これが学校の授業の一つになると、途端に退屈な修行と化すのはどうしてなんでしょうね。試験や成績評価と結び付くためでしょうか。

この授業では、授業で習ったものの、それ以来使い道のないまま忘れられていたあの法則やこの定理を取り上げて、その歴史や実用例など、新しい光を当てて紹介します。

最初はアルキメデスの原理です。アルキメデスが入浴中に思いつき、「見つけた!」と叫びながら裸で町に飛び出したと伝えられる原理です。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

実は私も理科が苦手です。タイトルの通り、中学生のころは「どの分野に活用されているのか?」「学んでどんなメリットがあるのか?」がよく分からず、勉強する意味を見失った経験があります。今回の授業はまさに私のような方に向けた授業。理科を再学習し、見える景色が今だからこそ理解できる科学の魅力を発見していきましょう。

【10月号】人工衛星は何故落ちてこないのか?
2017年10月16日公開
01:00:00

今回の授業では「人工衛星は何故落ちてこないのか?」の疑問を解決するのに必要な”ある定理”を解説していきます。科学は実際に体感して学ぶのが一番、ということで簡単な実験も準備する予定です。


【授業アジェンダ】
・今回の解説テーマ発表 & 解説
・授業テーマに関連した実験
・質疑応答


【皆さんにお願い】
この授業では、「科学ニュースに関する疑問」や「私たちの身近にある疑問」を募集しています。受講生の皆さんの「?」を授業内で集めて、次回以降授業化していきます。皆さんのご参加をお待ちしております。


 

先生

小谷 太郎

理科を学び物理を知り知識を広げるのは本来楽しいことのはずですが、これが学校の授業の一つになると、途端に退屈な修行と化すのはどうしてなんでしょうね。試験や成績評価と結び付くためでしょうか。

この授業では、授業で習ったものの、それ以来使い道のないまま忘れられていたあの法則やこの定理を取り上げて、その歴史や実用例など、新しい光を当てて紹介します。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

第2回目の今回は「人工衛星は何故落ちてこないのか?」がテーマ。

天気予報やGPSを使った地図ナビゲーションなど、私たちは日々、人工衛星の恩恵を受けて生活しています。割と身近な人工衛星ですが、ちょっと考えただけでも???と思うことがたくさん見つかります。「人工衛星はずーっと地球の周囲を周っているが、何故落ちないのか?」「地球の周囲から脱して、どこかに行ってしまわないのか?」「他の人工衛星と衝突したりしないのか?」などなど。

今回も身近な話題から「私たちが今知っておくべき科学の知識」を学んでいきましょう。

【11月号】皆さんの?を科学で!に
生放送11月13日(月) 19:00 - 20:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

今回の授業では「自分が海に飛び込んだら沈むのに、何故船は水に浮かべるのか?」の疑問を解決するのに必要な”ある定理”を解説していきます。科学は実際に体感して学ぶのが一番、ということで簡単な実験も準備する予定です。


【授業アジェンダ】
・今回の解説テーマ発表 & 解説
・授業テーマに関連した実験
・質疑応答


【皆さんにお願い】
この授業では、「科学ニュースに関する疑問」や「私たちの身近にある疑問」を募集しています。受講生の皆さんの「?」を授業内で集めて、次回以降授業化していきます。皆さんのご参加をお待ちしております。


 

こんな人にオススメ
全般

昔、学んだ理科の法則が自分の実生活にどのように結びつくのか理解できず、なんとなく理科に苦手意識がある方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

この授業を受けたい(813人)
その他 733人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

【11月号】皆さんの?を科学で!に

中高で何に使うのかよく分からなかった理科の法則を今、学び直す

次回 11月13日(月) 19:00~20:00

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×