12/8(Wed)

今日の生放送

猫社会学~“猫ブーム”から時代を読む~

猫ブームに見る、“かわいい”の本質とは

第1回:2021年2月22日公開

60min

猫ブームに見る、“かわいい”の本質とは

おためし受講する(5分)

コース概要

数年前から叫ばれるようになった「猫ブーム」。2017年には犬の飼育頭数を猫が追い越し、メディアコンテンツにおいても猫を見ない日はありません。Instagramで日本で最も使われているハッシュタグが「#猫」であったり、猫が生み出す経済効果は2兆円を超えるという試算もあります。

なぜここまで猫が多くの人に愛されるのか、この理由を探り、社会や人の本質を考えていきます。

本授業は正解があるわけではありません。猫にまつわる調査やデータなどを織り交ぜながら、その背景にある本質をみんなで考察し、猫を通じて時代を読んでいきます。

担当の先生

パーソナリティ

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

参加したい受講生 : 668

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

猫ブームに見る、“かわいい”の本質とは

2021年2月22日公開

60min.

近年、“かわいい”は様々なシチュエーションやシーンで使われるようになり、海外においても主にポップカルチャーの文脈で“Kawaii”という表現を見かけるようになりました。このように“かわいい”が内包する意味合いは、昔に比べ、より複雑化していると考えられます。

 

猫も“かわいい”の代名詞として、日々様々なコンテンツを通じて私たちに癒しをもたらしてくれています。“かわいい”とはそもそも何なのか、“かわいい”と認識することでどのような効果が発信側・受け手側にもたらされるのかなど、猫を通して“かわいい”とは何かを掘り下げていきます。


 

"猫ブーム”を文化、家族、経済の視点で考察してみる~正解のない問いに対し、納得解を導き出すトレーニング

2021年3月25日公開

60min.

第1回目の授業では、「猫ブームから考える〝かわいい”の本質」と、ミクロな視点から社会を考察してみました。第2回目の授業では、第1回目を踏まえつつ、文化(コンテンツ)、家族、経済とマクロな視点から見つめ、猫ブームから考察できる日本社会の今をみんなで考えていきます。

 

本授業は探求学習(課題やテーマを設定し、それを踏まえた情報収集・分析を行い、周囲の人と意見交換等をしながら進めていく)をベースにした授業です。猫ブームにまつわるファクトや、他の受講生の考察を踏まえ、自身の考えを導き出していきます。明確な正解がない問いに対してアウトプットするトレーニングをしていきましょう。

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ