chevron_left 分析で失敗したくないマーケターのための「データ活用ステップ」

分析で失敗したくないマーケターのための「データ活用ステップ」

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 36

授業の概要

今回は、マーケティングのデータ分析において失敗しないための「分析対象データの事前チェック」と「分析方法を選択」のコツや失敗パターンについて学んでいきます。

 

データ分析において、設計は最重要項目です。仮説から分析するデータを決めたら、データのチェックと分析手法を選んでいきます。

データチェックは、「データのサイズ」「欠損値・異常値の有無」「データの分布」など誤った結論を生まないように確認することが重要です。また、分析手法においては、適切な選択をすることで、データから新たな課題を見つけたり事象の構成要素同士の関係性が明確になります。

 

仮説と解くべき課題が設定できたら、とりあえずデータの分析を始めるのではなくデータに偏りはないかを確認し、データにあった最適な分析手法を選択し一つ一つ解析作業を実施していきましょう。

事前に計画を立てるときや、上司への進捗共有にもつながるはずです。データの事前チェックと最適な分析方法を選択し失敗を回避していきましょう。