上流工程で働きたい人のための企画・要件定義

上流工程で働きたい人のための企画・要件定義

2019年11月1日最終更新(全1回)

コース概要

この授業の内容

IT企画をプロジェクトとして成功させるには、どのようなプロセスを経るべきなのでしょうか?

 

不確実でふわっとしたコンセプトから地道に議論を重ね、仮説を構築し、その仮説が正しいものであるかを検証、ITシステムの全体像が見えた後に、実装するための工程を地道に設計します。

本授業ではその一連の流れを詳しく学びます。

コーポレート・エンジニアの方々や、諸般の事情で突然ITプロジェクトにアサインされた方々などは是非ご覧ください。

 

この授業で学べること

・IT企画のロードマップ
・各工程(コンセプトワーク、構想立案、PoC、要件定義)において何をすべきか

 

講師紹介

湯本 堅隆先生 (株式会社クオリティスタート 代表取締役)
1979年生まれ。SIer在籍期間にブログ「GoTheDistance」を始め、SIerを巡るIT業界のあり方・エンジニアのキャリアについて記事を書き、様々なメディアで紹介される。「ござ先輩」とも言われている。 中小企業のITをサポートするITプロフェッショナルがあまりにも少ないことに危機感を覚え、「中小企業のIT投資のROIを最大化できて、経営に資するITを手に入れて頂く。」ことをミッションにした会社を2016年6月に創業。 重度の野球好き。会社名も野球の用語から取っており、「いつ野球見るの?今でしょ?!」という野球ブログを書いている。東京ヤクルトスワローズのファン。