情報セキュリティ - 仕組みづくり編

情報セキュリティ - 仕組みづくり編

2022年6月24日最終更新(全1回)

コース概要

この授業では事例に基づいて、情報セキュリティに関する社内での仕組みづくりを学びます。

 

コロナ禍を経て今、日本社会では何ごとにおいても「デジタル化」が注目されています。企業活動の中でも「リモートワーク」などの働き方の変化や「DX」といった事業の変化などがあるかと思います。

 

そうした流れの中において日々の業務でさまざまデータを取り扱う場面が多くなり、「情報セキュリティ」の重要性もより高まっています。

 

この授業では、組織での情報セキュリティに関する仕組みづくりについて、講師を務める先生の所属企業における事例を用いて解説してもらっています。

 

情報漏洩しないために気をつけるべきポイントや組織として考えておくべき仕組みとは何かを学べる授業になっています。

 

▼受講対象者
本授業は、主に情報セキュリティに関わる人を対象とした授業になっています。
特に非エンジニア職の皆さんにオススメです。
※もちろん、エンジニア職の方にも役立つ授業です。

 

▼関連授業
情報セキュリティに関して管理職が担うべき役割を学びたい方は、下記の【管理職編】の授業を受講することをオススメしています。
情報セキュリティ - 管理職編


リモートワークの際に情報セキュリティに関して気をつけるべきことを学びたい方は、下記の【リモートワーク編】の授業を受講することをオススメしています。
情報セキュリティ - リモートワーク編

こんな人にオススメ

組織における情報セキュリティに関する仕組みづくりで悩んでいる人