10/26(Tue)

今日の生放送


「部下が言うことを聞いてくれない」

「指摘しただけで機嫌が悪くなる年上部下」

「マネージャーの経験がない」

「怒りたくないけど、優しくしすぎている気がする」

「結局自分が仕事を持ち帰る」

 

4月で多くの新入社員が入ってきた人、マネージャーに昇進した人も多いでしょう。

そこで問題になるのが、”部下マネジメント”

 

あんまりうるさくしても煙たがられるし、セクハラだって言われちゃうし…

でも言い過ぎると距離を置かれたり、嫌われたり…

 

もうどうしたらいいんだ!

 

そんな方に今回は3つのパターンをご用意しました。”部下マネジメント”の極意をご紹介します。

 

1.部下とぶつかることが多い・部下の長所がなかなか見つからないあなたに


CA曽山哲人先生「マネージャーがメンバーを上手く褒めるには、◯◯に◯◯のことを聞くべし」



面談や部下とのコミュニケーションも円滑になりそうだし、これならすぐ出来そう…!


 

2.扱いが難しい年上部下がメンバーにいるあなたに


「人としては◆◆する・仕事では◯◯しない」年上部下に仕事を任せる時に気をつけるべき2つのポイント



なかなか何を考えているか分からないし、変に気を使ってしまう年上部下だけど、
これに気をつければお互い気持ちよく仕事が出来そう…!



 

3.絶対に避けられない部下を「叱ること」が上手くできないあなたに


サイバーバズ・近田哲昌先生が語る、部下を叱る際の注意点



叱ることは悪いことじゃないんだ…!たしかにこれに注意すれば、誤解も生まれなそう…!


 

 


いかがでしたか?これであなたも今日から尊敬される上司になれるかも!

今日の生放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分動画で学ぶの記事一覧