9/25(Tue)

今日の生放送

ほんだ こういち

本田 晃一

実業家・作家

1973年1月生まれ。1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断したり、バックパッカースタイルで世界を周る。その時、オーストラリアで多くの人がインターネットに触れていることに刺激を受ける。 帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。ゴルフ会員権を購入されるお客様は、経済的だけでなく生き方が豊かな方が多く、たくさんの助言を頂く。お客様のアドバイスをベースに、2年かけてホームページを立ち上げ年商10億円を超える。 富裕層のお客様から、愛されるビジネスの構築だけでなく、家族との幸せな時間を大切にするために、自由なプライベートの時間を確保する秘訣も教わる。 当時はインターネットが普及し始めた2000年だったので、ネットマーケティングのパイオニアと呼ばれ、コンサルや講演依頼が多く来るようになるが、自分の時間を大切にしたく、講演よりも多くの人に届けられるブログや公式ホームページ等を通して情報を配信し始める。 配信する内容は「お客様から愛されながら会社を発展させる」ことだけでなく「忙しい経営者がどうやって自由なプライベートの時間を確保し家族と楽しめるか」という自由なライフスタイルを提唱している。 2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者としての打診を受け、和平哲学の素晴らしさに感銘を受け、気が付いたら500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。 竹田和平氏を始め多くの方から教わった帝王学などの情報配信をしたり、不定期に経営者や起業家に向けて講演等も行う。 夢は多くの旦那(与えられる人)を育てること。

本田 晃一

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

人生の目的は笑う時間を長くすること うまくいく方法を知りたければうまくいっている人にその方法を聞くのがいちばんです。 笑いながら楽しく人生を過ごしたければ、笑って人生を送っている人に聞いてみましょう。 「どうすればあなたのような人になれるのですか?」と。 この授業ではベストセラー『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』『はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法』の著者である本田晃一先生を講師にお迎えします。 本田先生が何年間にもわたって成功した先輩達から聞き集めた夢をかなえるノウハウについて教えていただきます。 もし「やりたい!」と思えることを見つけたら、誰が反対しようとやったほうがいい。 どちらを選ぶか迷ったときは「自分がはしゃいだ気持ち」なれるほうを選ぶ。 そんな気持ちになった時は、運命の扉が開きかかっている合図です。

いま、何が起こっているのかをみんなで考える90分   ※期間限定で第1回目を無料録画公開中です。 この授業は、落語家の柳亭小痴楽さんをファシリテーターに迎えて、話題のニュースをテーマにコメント投稿で皆さんに討論していただく、視聴者参加型番組です。 私達は変化の激しい時代に生きています。世の中で起こっていることに対して、何を考え、どう行動する必要があるのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そんな時代にも関わらず、テレビや新聞が提供するニュースは送り手の意見が過度に反映されていて、ノイズが多すぎて受け手が世の中の本質を把握しにくくなっています。 この激動の時代を生き抜いていくには、世の中で起きていることに対して、受け身で接するだけではなく、能動的にその本質を考えていくことが大切。そのため、意見を押し付けられるだけではなく、視聴者が自分の考えを持てるようになるニュース番組がいまの時代には必要です。 この授業では、みんなで討論しながらニュースについて考えていくことで、世の中の本質を見極め、主観だけでは無く客観的に世の中と向かい合っていけるようになることを目指します。自分の意見を伝え、他の人の考えを受け止めて世の中への理解を深めましょう。 いざ、尋常に激論!   柳亭 小痴楽 落語家   公益社団法人 落語芸術協会所属 二つ目 オスカープロモーション所属 生年月日1988年12月13日 趣味 大の読書好き・心霊スポット巡り・バスケットボール・サッカー・洋服 略歴 1988年12月 五代目柳亭痴楽の次男として生まれる。 2005年10月 二代目桂平治(現:桂文治)へ入門「桂ち太郎」で初高座。 2008年6月 父(痴楽)の門下に移り「柳亭ち太郎」と改める。 2009年9月 父(痴楽)の没後の、柳亭楽輔(父(痴楽)の弟弟子)門下へ 同年11月 二ツ目昇進を期に「三代目柳亭小痴楽」を襲名 2011年2月 「第22 回北とぴあ若手落語家競演会」奨励賞を受賞。 2015年10月 「平成27 年度NHK 新人落語大賞」ファイナリスト 2016年10月 「平成28 年度NHK 新人落語大賞」ファイナリスト

本当にいまの自分に必要なことって何だろう   思った通りになりたくても、うまくいかない。 社会に不満があるけど、どうにもならないと思ってる。 何かを変えたいと思っていても、何となく毎日が過ぎる。 自分の人生は自分にしか歩けない。 そんな当たり前のことわかっているけど、 たくさんの人や情報と関わる現代社会の中では他人の軸に縛られ、情報に惑わされ、 自分の好きなように本当の自由にはなれなくて、それなら何のために生きているのか。 他人を変えることはできない、社会を変えるのには時間がかかる。 簡単に変われるものが一つだけある。 まずは自分の向き合い方を変えてみる。 慶應義塾大学”キムゼミ”の中で「真の自由を手に入れるための姿勢や考え方」を教えてきたジョンキム氏が皆さんに贈る12のステップ。 それはこれからの人生を豊かにするための自分の行動指針となることでしょう。 伝説のキムゼミがSchoo上でも”ゼミ"というかたちで復活いたします。   全12回のキムゼミオリエンテーション動画はこちら     【講師プロフィール】 ジョン・キム 作家 韓国生まれ。日本に国費留学。学術博士。ドイツ連邦防衛大学、オックスフォード大学、米ハーバード大学などで客員研究員、2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授。2013年以降は、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーン・東京を拠点に執筆活動中心の生活。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)、小説『生きているうちに。』(サンマーク出版)等、共著に吉本ばななさんとの『ジョンとばななの幸せってなんですか』(光文社) がある。『女性自身』コラムニスト、KLMオランダ航空アンバサダー、銀座ロフト「見エル女子図書館」館長などを歴任。最新作に2018年3月発売の『女の子が自力で生きていくために必要なこと』(WAVE出版)がある。 ◇公式HP: http://johnkim.jp ◇公式メルマガ: http://johnkim.jp/#mg  

夢をかなえる方法を知りたければ 夢をかなえた人に聞くのが一番です この授業は、実業家・作家の本田晃一さんをMCに迎えて、各分野で成功されている方をゲストにお迎えして夢をかなえるキッカケになった『夢スイッチ』について語って頂くトーク番組です。 成功した方達の夢をかなえた体験談はきっとあなたの人生の糧になります。 夢にチャレンジする勇気を学ぶことで、あなたの未来がより豊かになります。 なりたい自分に成長するために必要なのは、失敗を未然に防ぐ慎重さでは無く、新たな一歩を踏み出す勇気です。 失敗を恐れずに未来に向かってチャレンジしていきましょう。

担当の授業一覧 全15授業

生放送(無料) 池谷幸雄さんの夢をかなえた体験談から学ぶ-

第2回 池谷幸雄さんの夢をかなえた体験談から学ぶ- (60分)

2018年9月27日生放送予定

今回のゲストは体操 オリンピックメダリストの池谷幸雄さんです。   池谷幸雄 体操 オリンピックメダリスト 池谷幸雄体操倶楽部 (株) 代表取締役 特定非営利活動法人IGC 理事長 (一社 )全日本ジュニア体操クラブ連盟 理事 生年月日:昭和 45 年(1970 年)9月26 日 出身地:東京都府中市 最終学歴:日本体育大学 体育学部 体育学科 血液型:O型 趣味:ゴルフ・パチンコ・車 サイズ:身長-170/体重-61/足-27/B-100/W-78/H-88 昭和63年 ソウルオリンピック大会出場 ・団体総合 3位 ・ 種目別ゆか 3位 ・個人総合 8位 ・ 種目別跳馬 7位 平成4年 バルセロナオリンピック大会出場 ・団体総合 3位 ・ 種目別ゆか 2位 ・種目別つり輪 7位 4歳のころから体操を始め、小学校1年生の時、大阪に転居。 その後、清風中学校・高校で才能が開花し1988年・ソウル五輪、1992年・バルセロナ五輪において、2大会連続でメダルを獲得するという、輝かし戦績を残した。 2度のオリンピック出場でファンを魅了し続けてきたが、怪我との戦いが元で華々しい体操人生に終止符を打ち、1992年秋、タレント・池谷幸雄として第2の人生を歩み始め、CM、バラエティ、キャスターなどさまざまなジャンルに挑戦。 2001年には「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、2018年現在では15校の拠点を持ち、常時1300人の子ども達の指導をおこなう傍らオリンピックを目指す選手の育成もおこなっている。 また、4歳~18歳まで弊校で鍛錬を積んだ第1期生の教え子・村上茉愛選手(現 日本体育大学4年)が、世界体操2017(カナダ)の種目別ゆか競技において日本女子では63年振りとなる金メダルを獲得、個人総合でも4位と健闘した。 現在は芸能活動の他に、スポーツ振興や子ども教育問題に取り組み、「子供達の未来のために」をキャッチフレーズに社会貢献活動行っている。 MCは実業家・作家の本田晃一さんです。 ※生放送は無料会員登録で視聴できます。 ※Schoo使い方ガイドはこちら

どうすれば幸せを感じられるのか -幸福感に満たされる生き方について激論-

第10回 どうすれば幸せを感じられるのか -幸福感に満たされる生き方について激論-(90分)

2018年4月25日放送

今回の激論テーマは「どうすれば幸せを感じられるのか」です。 先日国連が発表した世界幸福度ランキングで、日本は先進国の中で最下位でした。 心が満たされていないと感じながら生活している方も多いと思います。 なかなか幸福感を高められない日本人が、どうすれば幸せに満たされて生きていけるのか、受講生の皆さんと議論していきます。 ゲスト解説者にはSchooの人気授業『はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法』にご登壇されている実業家・作家の本田 晃一さんをお迎えします。   ※授業内容は変更になる可能性があります。   本田 晃一 実業家・作家 1973年1月生まれ。 1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断したり、バックパッカースタイルで世界を周る。 その時、オーストラリアで多くの人がインターネットに触れていることに刺激を受ける。 帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。 ゴルフ会員権を購入されるお客様は、経済的だけでなく生き方が豊かな方が多く、たくさんの助言を頂く。 お客様のアドバイスをベースに、2年かけてホームページを立ち上げ年商10億円を超える。 富裕層のお客様から、愛されるビジネスの構築だけでなく、家族との幸せな時間を大切にするために、自由なプライベートの時間を確保する秘訣も教わる。 当時はインターネットが普及し始めた2000年だったので、ネットマーケティングのパイオニアと呼ばれ、コンサルや講演依頼が多く来るようになるが、自分の時間を大切にしたく、講演よりも多くの人に届けられるブログや公式ホームページ等を通して情報を配信し始める。 配信する内容は「お客様から愛されながら会社を発展させる」ことだけでなく「忙しい経営者がどうやって自由なプライベートの時間を確保し家族と楽しめるか」という自由なライフスタイルを提唱している。 2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者としての打診を受け、和平哲学の素晴らしさに感銘を受け、気が付いたら500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。 竹田和平氏を始め多くの方から教わった帝王学などの情報配信をしたり、不定期に経営者や起業家に向けて講演等も行う。 夢は多くの旦那(与えられる人)を育てること。