3/3(Wed)

今日の生放送

こしかわ しんじ

越川 慎司

株式会社クロスリバー 社長 株式会社キャスター 事業責任者 

国内および外資系通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。 業務執行役員としてパワポなどの責任者を経て独立。 2017年にクロスリバーを設立し、メンバー全員が週休3日・リモートワーク・複業で、支援した企業は600社以上。 ムダな時間を削減し社員の働きがいを上げながら利益を上げていく「稼ぎ方改革」の実行を支援。

越川 慎司

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

いま何を学べば置いていかれないのか、 これを見れば分かります。 書店やAmazonで人気のビジネス書を1冊ピックアップ。 その著者をゲストにお迎えして著書についてご解説いただく授業です。 ・この本を書いたキッカケ ・この本の1番のポイント ・読者に伝えたかったことは 等、著者の方に生インタビューをさせていただき、人気の秘密に迫ります。 この授業を毎週受ければネットや書店で検索することなく、簡単に世の中の学びのトレンドを知ることが出来ます。 いま自分が何を学べば分からない人は是非生放送にご参加ください。 人気の学びに触れることで、あなたに必要なことは何なのか見極めていきましょう。

皆さんは、資料作成の目的や時間をかけているポイントはなんですか?   レイアウトやデザインなど時間をかけ自分なりに納得できる内容の詰まったものができたと思ったにも関わらず、なかなか提案が通らないといった経験があるのではないでしょうか。 この授業では、なかなか資料で提案が通らない方に向けて、仕事が前に進む資料作成のポイントをお伝えします。   今回は『働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法』の著者で、元マイクロソフト執行役員の越川慎司さんを講師としてお迎えして、科学的根拠に基づいた相手を思い通りに動かす資料のポイントについてを教えていただきます。   資料作成は時間をかければかけるほど、提案が通るとは限りません。 相手を思い通りに動かすことを目的にして、自分の仕事を有利に進めるようになっていきましょう。   ■登壇講師 越川 慎司 先生 株式会社クロスリバー 社長/株式会社キャスター 事業責任者  国内および外資系通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。 業務執行役員としてパワポなどの責任者を経て独立。 2017年にクロスリバーを設立し、メンバー全員が週休3日・リモートワーク・複業で、支援した企業は600社以上。 ムダな時間を削減し社員の働きがいを上げながら利益を上げていく「稼ぎ方改革」の実行を支援。   ■書籍 『科学的に正しいずるい資料作成術』越川慎司・著(かんき出版)

皆さんは、メールとビジネスチャットのどちらを使っていますか? チャットを使っている方は、使いこなせていませんか? 使えていると思う方は、生産性を上がる方法を知っていますか?   リモートワークになり、チャットを使うことが増えた企業も多いかと思います。 しかし、導入しても使っていない企業もいるそうです。 会社の方針やカルチャーなど様々な面があるかと思いますが、ビジネスチャットは格段に皆さんの生産性をあげます。   本コースでは、「ビジネスチャット時短革命」(インプレス)の著者であり、元日本マイクロソフト執行役員の越川愼司先生をお迎えして、 全3回の授業を通して仕事の生産性をあげるビジネスチャットの活用術を学んでいきます。   ビジネスチャットを使っていない方も使いこなせている方も、明日からビジネスチャットを効率的につかって仕事を早く終わらせていきましょう。   ■コース一覧 第1回 2/17(水) 20:00-21:00 「「脱メール」で実現するビジネスチャット時短革命」 第2回 3/17(水) 20:00-21:00 「ビジネスチャットの正しいコミュニケーションのポイント」 第3回 4/21(水) 20:00-21:00 「作業効率を大幅アップさせるビジネスチャット術」   ■登壇講師 越川 慎司 株式会社クロスリバー 社長 株式会社キャスター 事業責任者 国内および外資系通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。 業務執行役員としてパワポなどの責任者を経て独立。 2017年にクロスリバーを設立し、メンバー全員が週休3日・リモートワーク・複業で、支援した企業は600社以上。 ムダな時間を削減し社員の働きがいを上げながら利益を上げていく「稼ぎ方改革」の実行を支援。   ■書籍 「ビジネスチャット時短革命 ―メールは時間泥棒 ― メールを48.6%減らす働き方」越川愼司・著(インプレス)

担当の授業一覧 全6授業

『働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法』著者:越川慎司さん

第1回 『働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法』著者:越川慎司さん(60分)

2020年10月29日放送

今回取り上げる書籍は『働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法』(越川 慎司著 日本実業出版社)です。 【書籍紹介】 ポスト・コロナの知的生産術。 元マイクロソフト役員として2017年から「リモートワーク」「週休3日」を導入、600社・16万人を変えた、時短とハイパフォーマンスを同時に実現する「新しい働き方」。 ぜい肉時間を減らして、筋肉時間に注力せよ! 時間泥棒を探せ。 「やめること」を決める。 「何時間働いたか」ではなく「どれだけ課題を解決できたか」。 イノベーションは「会議」ではなく「会話」から生まれる。 減らしてはいけないのは「コミュニケーション」と「アイデア出し」…元マイクロソフトの業務執行役員として「リモートワーク」を、2017年の起業から「週休3日・週30時間労働」を実践する生産性アップのプロが明かす「変化の激しい時代、必要とされる人になるには?」605社16万人を変えた「時短」と「ハイパフォーマンス」を同時に実現する働き方。   越川 慎司 株式会社クロスリバー 社長 株式会社キャスター 事業責任者 国内および外資系通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。 業務執行役員としてパワポなどの責任者を経て独立。 2017年にクロスリバーを設立し、メンバー全員が週休3日・リモートワーク・複業で、支援した企業は600社以上。 ムダな時間を削減し社員の働きがいを上げながら利益を上げていく「稼ぎ方改革」の実行を支援。