2/21(Wed)

今日の生放送

いけだ のりゆき

池田 紀行

株式会社トライバルメディアハウス 代表取締役社長

1973年 横浜出身。ビジネスコンサルティングファーム、マーケティングコンサルタント、クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。大手クライアントのソーシャルメディアマーケティングや熱狂ブランド戦略を支援する。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース、宣伝会議講師。

池田 紀行

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

皆さんは自分の市場価値がどのくらいあると自分で言えるでしょうか...? 「どこの会社に属しているか」ということではなく、あなたはそこで「何の仕事をし、どんな経験を積み、何ができる人なのか?」が問われています。 リモートワークが加速し、会社に入れば上司や先輩が1から丁寧に仕事を教えてくれて育ててくれるという時代はだんだんと終りを迎えています。 私たちは自分で学び考え、自分を育てていくしかありません。 仕事ができる、他のメンバーから頼られる、あなたがいると心配ないと言われるような、仕事で選ばれる人とはどういう特徴があるのでしょうか? どうしたら自分の市場価値を高められると思いますか? 営業職から中小企業診断士、マーケティングコンサルタントとして独立された経歴を持ち、その後、トライバルメディアハウスを創業し、代表を務める池田さんをお招きし、市場価値が高い人になるための自分の育て方を教えていただきます。 【講師プロフィール】 池田紀行 1973年 横浜出身。ビジネスコンサルティングファーム、マーケティングコンサルタント、クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。大手クライアントのソーシャルメディアマーケティングや熱狂ブランド戦略を支援する。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース、宣伝会議講師。年間講演回数は50回以上。著書・共著書多数。

本番組は、新しい業務やスキルにあった「学び方を学ぶ」授業です。 新しい業務やスキルが生まれたとき、最初は専門家が担います。そのニーズが徐々に高まるにつれて、専門家だけでなく誰もが当たり前に使えるスキルとして広がっていきます。この変化を先取りし、これから身につけるべき業務やスキルを会得することで私達のキャリアの選択肢は広がるでしょう。しかし、先端の思考やスキルであればあるほど「まずはやってみて」以上のアドバイスを得られないこともしばしば。そこで本番組は、時代を先取りしたビジネスで活躍する方々を先生にお招きし、どうすればその能力を身につけることができるのかを、双方向形式でお話いただきます。   今回のテーマ「洞察力の学び方」 情報の飛び交う量が増えたり、情報に対する解釈がさまざまし得るとき、私達は自分なりに情報を切り取り、意味づけをし、行動へと落とし込まなくてはなりません。ビジネスシーンであれば、「今、世の中はどんな方向に向かっているのか?」「市場にはどのようなトレンドがあるのか?」「ユーザーは今どんな勘定なのか?」、マクロからミクロに至るまで応用することができます。データの利活用が進む一方、物事を抽象化したり、フレームワークで整理したり、いわゆる洞察する力も求められます。そこで本授業は、マーケティングのプロフェッショナルであり、世の動向をユニークに、わかりやすく伝えている池田さんにお越しいただきます。   先生 池田 紀行 株式会社トライバルメディアハウス 代表取締役社長 1973年 横浜出身。ビジネスコンサルティングファーム、マーケティングコンサルタント、クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。大手クライアントのソーシャルメディアマーケティングや熱狂ブランド戦略を支援する。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース、宣伝会議講師。   ■最新業務の学び方シリーズ <第1回>ムーンショットの学び方 先生:菅原 健一丨株式会社Moonshot 代表取締役 CEO   <第2回>情報編集の学び方 先生:多根 由希絵丨SBクリエイティブ 学芸書籍編集部 副編集長   <第3回>カスタマーサクセスの学び方 先生:高橋 歩丨HiCustomer株式会社 カスタマーサクセスマネージャー   <第4回>質問力の学び方 先生:菅原 大介丨リサーチャー   <第5回>アルムナイの学び方 先生:鈴木 仁志丨株式会社ハッカズーク 代表取締役CEO   <第6回>洞察力の学び方 先生:池田 紀行丨株式会社トライバルメディアハウス 代表取締役社長 Coming Soon…

働くイメージを持てていて、社会人になる準備ができている状態 を目指します 【以下について学びます】 ・人に伝えるための話し方の基本 ・必要な情報の取捨選択の方法 ・“自分軸”をつくる方法について ・自分たちの身の回りの情報セキュリティについて ・モチベーションを上げるための手法 ・ストレスとは何か、ストレスとの向き合い方 など

担当の授業一覧 全3授業

カオスな世界を切り取る「洞察力の学び方」

第1回 カオスな世界を切り取る「洞察力の学び方」(60分)

2021年7月29日放送

今回のテーマ「洞察力の学び方」 情報の飛び交う量が増えたり、情報に対する解釈がさまざまし得るとき、私達は自分なりに情報を切り取り、意味づけをし、行動へと落とし込まなくてはなりません。ビジネスシーンであれば、「今、世の中はどんな方向に向かっているのか?」「市場にはどのようなトレンドがあるのか?」「ユーザーは今どんな勘定なのか?」、マクロからミクロに至るまで応用することができます。データの利活用が進む一方、物事を抽象化したり、フレームワークで整理したり、いわゆる洞察する力も求められます。そこで本授業は、マーケティングのプロフェッショナルであり、世の動向をユニークに、わかりやすく伝えている池田さんにお越しいただきます。   先生 池田 紀行 株式会社トライバルメディアハウス 代表取締役社長 1973年 横浜出身。ビジネスコンサルティングファーム、マーケティングコンサルタント、クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。大手クライアントのソーシャルメディアマーケティングや熱狂ブランド戦略を支援する。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース、宣伝会議講師。