chevron_left スタートアップが優秀な1ケタメンバーを採用する方法

スタートアップが優秀な1ケタメンバーを採用する方法

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 28

授業の概要


ストックオプションは、スタートアップにとって強力な助っ人です。

多くのスタートアップは資金が潤沢ではないため、創業初期の段階で高額な報酬を支払って優秀な人材を確保することが困難です。このような場合、ストックオプションを付与することで、将来会社の株式価値が高まったときに報酬を受け取ってもらうことができます。また、リスクを背負って初期のころからスタートアップメンバーとして加わってくれた役員、従業員にインセンティブを与える目的でも利用できます。

このように、便利なモノではあるのですが、その設計を誤ると上記のようなメリットを受けられないばかりか、損をしてしまうケースもあり得ます。

この授業では、まず、ストックオプションがどういったモノなのか、その概要、意義、目的などを概括的に解説します。その上で、スタートアップにおいてストックオプションのメリットを最大限に引き出すためにはどのような点に注意して設計を行う必要があるのかということを主に税制面を中心として解説してみたいと思います。