chevron_left 外部設計・内部設計実践 -Schooを設計してみよう-

外部設計・内部設計実践 -Schooを設計してみよう-

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 14

授業の概要

第3回は「機能定義書」を作成します。

第1回で作成した画面仕様書で決定した画面仕様から、ユーザーが操作を行います。その操作を行ったことで、第2回で作成した ER図を元に設計されたデータベースにアクセスしたり各種計算をしたりというビジネスロジックが実行され、画面が更新されます。このビジネスロジックをどうやって実装するのかを記載したものが、機能定義書です。

※機能定義書については、「サクッとわかる内部設計入門」の3回目をご確認ください。

こんな人にオススメ

外部設計・内部設計を実践的に学びたい方。 将来プロジェクトリーダーになりたいシステムエンジニアの方。